先日、AbemaTVで武井壮プロデュース「第1回Abema杯5種競技HAOOO5!」が放送されました。

様々な競技、スポーツ界の体力自慢が大集合していましたね。

これに出ていたのがアメリカンフットボールの選手の栗原嵩さん。

日本人で最もNFLに近いと言われている人物です。とにかくガタイがいいんです。

武井壮さんと栗原嵩さんが一緒に撮った写真がインスタに出ていました。

栗原嵩さんのほうが、肩幅も胸筋もあって凄いがっちりしている!

そんな栗原嵩さんとは一体どんな人物なのでしょうか?

 

Ads By Google

 

栗原嵩のプロフィール

生年月日:1987年11月7日

身長:180㎝

体重:85㎏

出身校:駒場学園高等学校→法政大学

所属チーム:パナソニックインパルス→IBMビッグブルー

経歴まとめ

栗原嵩さんの経歴をおさらいしてみましょう。

栗原嵩さんは駒場学園高校時代からアメフトを始めました。その後法政大学に進学、1年生の時「甲子園ボウル」全日本大学アメリカンフットボール選手権大会の決勝戦で優勝、4年生の時には関東学生リーグのMVPを獲得。

大学卒業後、Xリーグのパナソニックインパルスへ。

1,2年目はひざの故障に悩まされましたが、3年目に西日本社会人アメリカンフットボール選手権大会「グリーンボウル」で最優秀選手賞に輝きます。

2012年8月にパナソニックインパルスを退社。アメリカのNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)に挑戦するために渡米します。

2013年5月にNFLのボルチモア・レイブンズのルーキーミニキャンプに招待されます。ここで実力が認められキャンプに参加できることになったのですが、残念ながらビザの問題があり参加できませんでした。

帰国後2013年より、日本のXリーグのIBMビッグブルーの所属となりました。

2016年Xリーグの春季の公式戦「パールリーグ」でチームが優勝、栗原嵩さんはMVPを受賞。

同じ年に現役でありながら、法政大学体育会アメリカンフットボール部のコーチ就任しています。

 

Ads By Google

 

結婚相手は誰?

栗原ジャスティーンさんという「ライフスタイルモデル」でした。

こちらでご紹介していますので是非ご覧になってください。

 

年収は?

アメリカンフットボールの選手の年収ってどのくらいなのでしょう?

アメリカのNFLの選手の平均年棒は何と2億1千万円!

プロですから桁が違いますね。

日本のXリーグはプロリーグではないので所属先の会社から給料が支払われる形になります。

参考までに所属しているIBMのサラリーマンの平均年収が800万円。

しかし栗原嵩さんは(株)ディンゴと契約していますのこちらから支払いされているのかと?

さらに栗原嵩さんはアンダーアーマーやスポーツサプリメントのDNSとスポンサー契約もしています。

さらにTV出演などもありますので、

これらのことを考えると栗原嵩さんの年収は約2000〜3000万円くらいではないか!と予想します。

 

ポジションは?

栗原嵩さんのポジションは、WRと呼ばれるワイドレシーバー。

簡単に言うと、パスプレイの際にクォーターバックが投げたパスをキャッチする役割です。

正確にパスルートを走る能力、ボールをしっかりと空中でキャッチするためのジャンプ力、キャッチ力、相手のディフェンスのマークを振り切る足の速さなどが求められます。

 

トレーニング方法は?

アメフトはポジションによって役割が全く異なりますので、役割によって求められる体力、持久力が異なります。当然、トレーニング方法もポジションによって違うのです。

トレーニングについて栗原嵩さんは、

僕は基本的にトレーニングに対して固定観念などはないので、ウェイトトレーニングはもちろん、ボディビルダーのように肥大化させるトレーニングやクロスフィット、パワーリフト、ヨガなどなんでも取り入れています。

とコメントしています。

その結果、”アジア人でアメリカのNFLに最も近い男”と呼ばれる体を作り上げることができたのですね!

これからも栗原嵩さんを応援していきましょう。

 

Ads By Google

 

おすすめの記事