女子スキーハーフパイプ選手で前回のソチ五輪で銅メダルを取った選手といえば??

知らないとは言わせませんよ!

小野塚彩那選手です。

メダルを獲得した立派な選手ですからしっかり注目してくださいね。

しかも昨年のX-Games 2017で銀メダル、世界選手権では金メダル!

日本人選手が大活躍していていますが、小野塚彩那選手もかなり注目度の高い選手です。

平昌オリンピックでは金メダル候補の1人として世界が注目しているのです!

 

【Ads By Google】

 

小野塚彩那 プロフィール

名前:小野塚彩那(おのづかかやな)

生年月日:1988年3月23日

年齢:29歳

出身:新潟県南魚沼市

身長:158cm

体重:50kg

所属:石打丸山スキークラブ

 

小学生の頃の夢は『鳥になりたかった』という小野塚彩那選手。

今では夢が叶ったかのように空高く飛んでいるかのようです!

生まれ育った新潟県南魚沼市で2歳の頃からスキーを始め、9歳の時にはスキー競技で県大会優勝するほどの才能に満ち溢れていたのです。

小野塚彩那は現在はハーフパイプの選手ですが以前はアルペンスキーで競技されていた選手なんですよ。

塩沢町立塩沢小学校→塩沢町立塩沢中学校→新潟県立湯沢高等学校と進みますが、

身体能力は同級生の中でもずば抜けており高校では陸上部で走り高跳びの選手だったのです。

130cmを跳ぶ記録を出しています。

もちろん小野塚彩那選手のメインはスキーでしたよ。

全日本学生選手権や全日本技術選手権で入賞するなど活躍していた時、転機が訪れます。

それはオリンピックの正式種目に『ハーフパイプ』が決まったのです。

小野塚彩那選手が22歳の時でした。

以前から興味のあった『ハーフパイプ』。

小野塚彩那選手の挑戦が始まりました。

22歳という年齢で遅いと言われることもありましたがそれでも努力し成績を残しています。

ソチオリンピックでは銅メダルを獲得し、平昌五輪でメダルを期待される存在に!!

表彰台のテッペンに立ってもらいたいですね。

 

【Ads By Google】

 

 

父親がスキー界の重鎮だった!

小野塚彩那選手は2歳でスキーを始めていますが、きっと両親の影響は間違いないと誰もが思ったかと思いますが、

父親がとんでもない人物だったのです。

父親は史朗さん。

実はこの方、スキージャンプの第一人者と言わる存在です。

日本でスキージャンプを根付かせた方なのです。

史朗さんはスキージャンプで国体出場の経験があり、

スキーバッジテストでは最難関をクリアし最高峰「クラウンプライズ」の保持しています。

スキーバッジテストとは??

全日本スキー連盟(SAJ)が定めるアルペンスキーの技能テストである。合格すると認定バッジがもらえることからバッジテスト(バッヂテスト)と呼ばれる。

また公認パトロールの資格も持ってるのです。

さらには母親も、元アルペンスキーヤー。

スキー指導員クラスの腕前を持っているのだそうです。

ちなみに実家は現在は石打丸山 四季を楽しむ宿勝田屋」で旅館経営をされています。

結構有名な話ですね。

気になる方は是非宿泊してみては?

 

【Ads By Google】

 

結婚をしているが子供は?

小野塚彩那選手は2016年9月に結婚していました。

2017年の12月24日のブログで報告していました。

そして今日。

クリスマス!

うちのヒゲサンタは今日もどこかの雪上で頑張っていることでしょう

※私事ですが、昨年9月に入籍しておりました。

昨日も、楽しそうにメリクリ!って3回ぐらい言ってたな。笑

なかなか一緒にいれないけど、あいらぶゆー

小野塚彩那 ブログより

旦那様の画像も公開していましたがゴーグルで隠れよくわかりませんでした。

分かるのはヒゲ面だということ笑

一般人の方だということです。

子供に関しての情報は今の所ありませんしこれまで長期の休暇を取ったこともないので子供はまだいないようです。

平昌オリンピック後にでも考えているかもしれませんね。