現地時間の12月10日にアメリカのコロラド州コッパーマウンテンで行われたワールドカップのビッグエアの決勝で、

岩渕麗楽さんが初優勝しました。

読み方は、いわぶちれいら

今まで優勝経験はなく、ビッグエアは2度目の挑戦で優勝を手にしました。

来年に行われる平昌五輪への出場も期待されています。

そんな岩渕麗楽さんについて気になる色々を調べてみました。

 

Ads By Google

 

岩渕麗楽のプロフィール

生年月日:2001年12月14日

身長:149㎝

体重:44㎏

趣味:料理、お菓子作り

所属:キララクエストスノーボードクラブ

 

経歴まとめ

岩渕麗楽さんがスノーボードを始めたのは、なんと4歳の時から。

両親と一緒に年に2,3回できる程度でした。

父親は、この頃からこう思ったそうです。

「親バカかもしれないが、この子才能があるな」

保育園の卒園式では夢について、

「スノーボードのオリンピックに出たいです」

と発表していたそうです。

小学校に上がるとターンができるようになり、スノーボードにのめりこんでいきました。この頃は毎週ゲレンデに通っていました。

小学校2年生のときに大人の競技に出てみるように誘われ、出場しましたがこの時は予選落ち。これが競技生活の始まりでした。

中学生になった2015年3月、プロへの登龍門とされるアマチュアの日本一決定戦「JSBA全日本スノーボード選手権大会」に出場、優勝してプロの四角を得ることができました。

2015年4月、「VOLKL WORLD ROOKIES FINALS」の女子グロムの部で優勝、まだあどけなさの残る笑顔で写真に納まっています。

2017年スノーボードの世界ジュニア選手権のビッグエア準優勝、そしてスロープスタイル準優勝。そして今回のワールドカップでの優勝となりました。

まだまだ伸びることが期待される岩渕麗楽さんです。

 

Ads By Google

両親の名前・年齢など

【父親】 岩渕和宏さん 生年月日 1975年6月25日 42歳

【母親】 恵里香さん 生年月日 1972年10月1日 45歳

 

得意技は?

小柄な岩渕麗楽さんはなんと!!

スノーボード競技で難度の高い大技

「バックサイドダブルコーク1080」をこなすのです!

これは”縦2回転、横3回転”をこなすもので、女子で公式戦で成功しているのは、ガッサーというオーストリアの選手のみでした。

その時の様子を日本ナショナルチームのコーチがインスタグラムに上げています。

これを今回のワールドカップでこの技を披露!若干着地が乱れ手をついてしまいましたが、

これで高得点を獲得し、優勝となりました。

中学校・高校はどこ?

岩渕麗楽さんの中学校と高校について調べてみました。

中学校は岩手県の一関市立東山中学校でした。

この中学校は部活動必須だったために、岩渕麗楽は器械体操部に所属。毎日の練習、そして週2回の夜間練習をこなしていたそうです。

凄い体力ですね!これがスノーボードを行うのにも役立ったのは、間違いないでしょう。

高校は一関市にある私立高校、一関学院高等学校です。

はっきりとしたことはわかりませんが、この学校には通信制課程があるので、こちらで勉強されている可能性が高いと思われます。

通信制課程では、毎日の登校が必要なく自宅での自習学習が中心となりますので、岩渕麗楽さんのように世界を飛び回って試合に出ている人には、とっても便利ですね!

ただ、空いた時間はしっかりと自習する必要がありますが。

 

Ads By Google

 

 

プライベートは?

まだ16歳の岩渕麗楽さんですが、プライベートが気になります。

趣味が料理、お菓子作りということで家庭的にも感じますが、その理由が

「遠征に行くとスノーボードか勉強しかすることがないから作る」

のだそう。

彼氏の情報など調べてみましたが、ありませんでした。

まだ若いですし、今はスノーボードに集中したいのでしょう。

妹がいた!画像は?

岩渕麗楽さんには妹がおりました。

名前は璃音で現在中学2年生ということです。

璃音さんもスノーボードを幼い頃からやっていましたが、中学校に入ってから部活動に入ったことをきっかけにスノーボードから離れてしまったんだそうです。また噂によると新体操?をしているとか。

素質はあるようで岩渕麗楽さんは戻ってきてほしいと懇願しています。

さて今回の活躍で妹の心境に変化はあったのでしょうか??

姉妹揃っての表彰台に立つ姿を見てみたいですね。

平昌五輪も近いですし、今後の岩渕麗楽さんの活躍を期待しましょう!

おすすめの記事