最近何かと話題になるフジテレビですが、1月から始まる木曜劇場のドラマのニュースが入ってきました!

タイトルは『隣の家族は青く見える』で、深田恭子と松山ケンイチが妊活に励む夫婦役、そして北村匠海と眞島秀和が何と同性カップル役として出演するそうです。

さらに元宝塚の真飛聖(まとぶ せい)が野間口徹と、専業主婦と失業夫の夫婦役で出演します。

なんだか時代を反映したカップルのドラマで楽しみですね!

こちらの記事では真飛聖についていろいろと調べてみました!

 

Ads By Google

 

真飛聖のプロフィール

生年月日:1976年10月13日

血液型:B型

出身地:神奈川県川崎市

所属事務所:ワタナベエンターテイメント

愛称:ゆう

 

経歴まとめ

3歳のころからバレエを習っていた、真飛聖。

中学生のころ宝塚にはまっていた友人から月刊誌『歌劇』を見せられて、”受けなよ!”とすすめられたのだそう。

ちょうどそのころ、身長が伸びてきたためバレリーナとしてはバランスが悪いことを悩んでいたので、バレエを続けるのではなく、宝塚を受験することを決意しました。何が縁になるかわかりませんね!

1993年に宝塚音楽学校に入学。2度目の挑戦だったそうです。そして1995年3月に宝塚歌劇団に81期生として入団、「国境のない地図」で初舞台を迎えます。

そして1995年5月1日星組に配属されました。

星組での出演作品をいくつかご紹介します。

1996年 「エリザベート」

1999年 「我が愛は山の彼方に」初主演

2003年 「雨に唄えば」日生劇場公演で、初の女役

2004年 「花のいそぎ」バウホール単独初主演

2005年は8月15日に花組に組み替え、2007年12月花組トップスターに就任。

次のような公演に出演しました。

2008年 「愛と死のアラビア/Red Hot Sea」

2009年 「太王四神記」

2010年 「虞美人 -新たなる伝説-」

そして2011年の4月24日「愛のプレリュード/Le Paradis!!(ル パラディ) -聖なる時間(とき)-」で宝塚歌劇団を退団することとなりました。

 

退団後の活動は?

真飛聖の退団後の活動を振り返ってみましょう。

2011年9月にはワタナベエンターテイメントに所属することを発表し、

芸能活動を開始、1212年には「37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜」で

女優としてデビュー

2012年テレビドラマ「相棒SEASON11」に新レギュラーとして出演。

2014年には映画「柘榴坂の仇討」、そしてミュージカルにも出演。

2016年には織田裕二主演の「IQ246〜華麗なる事件簿〜」で、女刑事役を演じましたね!

着実に女優としてのキャリアを積んでいるようです。

 

Ads By Google

 

気になる本名は?

真飛聖の本名を調べてみました!

本名は「山下裕子(やましたゆうこ)」というそうです。

真飛聖からの山下裕子はあまりにギャップがありすぎ!

意外に普通の名前で驚きです!

同級生や同僚にいそうな…そんな名前です。

彼氏や結婚は?

結婚について退団時に

「結婚?したいけれど予定はない」

とコメントしていた、真飛聖。現在はどうなのでしょう?

調べてみましたが、現在彼氏がいる、という話はないようです。

過去に共演していた稲垣吾郎や成宮寛貴と噂になったこともあるようですが、どちらも共演だけの関係だったよう。

年齢的にもこれから真飛聖に交際の話などあるかもしれませんね。

 

Ads By Google

 

 

下◯画像がキレイすぎた!カップサイズは?

映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」に出演した真飛聖。

なんとこの映画で脱いでいるんです!

脱いだと言っても下着姿までしか披露していませんが・・・。

40代の体とは思えないキレイな体を披露していました。

この映画を「見たい」って方はこちらをチェックしてみてください。

 

カップサイズはズバリCカップと予想させていただきます!

元宝塚でしたからスタイルには人一倍気を遣っていることでしょうね。

 

真飛聖 ザ・ラストデイ

おすすめの記事