医者なのにプロボクサー??

しかも女性??

そんな人いるわけないじゃないですかー!!

 

高橋怜奈医師を知らないんですか?

今話題になっている方なのですよ。

 

高橋怜奈医師は現役の産婦人科医で2019年に11年を迎えるのですが、

プロボクサーとしては2017年12月にデビューしたばかり。

 

さて高橋怜奈医師とはどんな人物なのか?

リサーチ開始です!!

 

スポンサードリンク

 

高橋怜奈 プロフィール

名前:高橋 怜奈(たかはし れな)
生年月日:1984年10月9日
年齢:34歳
出身地:東京都
学歴:2009年 東邦大学医学部卒業
職業:産婦人科医
所属ジム:ワタナベボクシングジム
階級:ミニマム級

 

なぜ注目されるかわかりますよね??

美女だからです!!

女医でプロボクサー美人

その美しさから flashではグラビアにも挑戦していますので注目しないはずがありません。

2018年11月28日現在までに行った試合数は3試合で初戦から2戦続けて敗退していましたが、

11月20日に後楽園ホールで行われた試合では2R34秒でTKOで勝利したのです。

試合用ブラには『受けよう検診』と医師らしくプリントしているのも可愛らいいですね。

 

医者になった理由は?

医者になった理由は、両親が医者だったからです。

幼い頃から将来は医者になる教育を受けてきたのでしょう。

東邦大学医学部を卒業後は、国立国際医療センター国府台病院で研修医として勤務します。

2016年から母校の東邦大学医療センター大橋病院で婦人科の医師を務めています。

 

 

医師目線でデリケートな部分をズバズバと指摘している

Tweetが話題になっていますのでチェックされてみてはいかがでしょうか?

 

ボクサーとなった理由!?

プロボクサーとなるきっかけは、

元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者で11度の防衛を果たした

内山高志選手

 

 

内山選手のファンになり、

内山選手が所属するワタナベボクシングジムにエクササイズ目的でジムに加入したのです。

ボクシングを始める前は、

飲み会で朝まで飲み明かすということもあったそうなのですがボクシングに出会ってからは一切なくなったようです。

そして、次第にボクシングの魅力に取り憑かれ、ボクシングを始めて1年でプロライセンスを取得したのです。

 

スポンサードリンク

 

それでも医者は止めず、平日は病院勤務終了後にジムへ行き、

土曜日病院勤務後にベリーダンスとジム。

 

そうなのです。

実はベリーダンスはボクシングを始めるはるか以前

8年前から取り組んでいました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

高橋怜奈さん(@renatkhsh)がシェアした投稿

 

結婚はしている?彼氏はいるのか?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

高橋怜奈さん(@renatkhsh)がシェアした投稿

 

診療休みの日曜日に家事をしますが、やはりジムに足を運んでしまうというのです。

どっぷりとボクシングにはまってしまったわけです。

さて結婚についてですが、公式プロフィールには『未婚』と記載がありました。

私生活のほとんどが、病院とジムの行き来ですから。

しかも彼氏についても言及しており、しばらく彼氏がいないということなのです。

さてこれからの活躍に期待の高橋怜奈医師。

TV出演もこれから増えるでしょうね!!

 

スポンサードリンク

 

最後まで閲覧ありがとうございました

おすすめの記事