平野歩夢に平昌・東京五輪で金メダルを!父親英功の願いが届くか!

スノーボードのハーフパイプの代表に選ばれた、平野歩夢選手

前回のソチオリンピックでは銀メダルを獲得してますね。

当時は15歳ということで幼い感じでしたが・・・

現在はかなりのイケメンになっていました!!

さてさて平野歩夢の気になることを色々と調べてみました。

 

平野歩夢のプロフィール

生年月日:1998年11月29日

血液型:O型

出身地:新潟市村上市

所属:木下グループ

身長:165㎝

体重:50㎏

 

【Ads By Google】

 

 

平野歩夢 経歴

平野歩夢選手が3歳年上のお兄さんの影響でスノーボードを始めたのは、4歳の時。

新潟県村上市出身ということでスノーボードをするのに恵まれた環境にいた平野歩夢選手は、

会津高原南郷スキー場や山形県小国町にある横根スキー場を拠点にし練習を重ねました。

そして小学校4年生の時に、スノーボードのメーカー『バートン』とスポンサー契約!

世界的に有名なメーカーが10歳の男の子と契約した!!ということからも、平野歩夢選手の才能がすごかったことがわかります。

2011年、2012年にはUSオープン・ジュニアジャムで優勝。

2013年1月に行われたX Gamesでは、圧倒的なエアの高さで銀メダルを獲得しました。

ちなみにこの時、平野歩夢は14歳!史上最年少でのメダル獲得となりました。

その後も様々な大会でタイトルを獲得し、2014年のソチオリンピックでは銀メダルに輝きました。

15歳74日でのオリンピックメダル獲得は日本人史上最年少記録で、スノーボードの最年少オリンピックメダリストとしてギネスブックに認定されました。

2015年にはヨーロピアンオープンで2位、USオープンで3位、ワールドスノーボードツアープロシリーズでシーズン王者となりました。

2016年から2017年は未成年のスノーボード選手による飲酒や薬の使用に関する問題を受けて、平野歩夢選手は関与を全面否定しましたが、風評被害で主要な大会への出場休止を余儀なくされました。

2018年にアメリカのコロラド州で行われたX Games ASPENのスーパーパイプに出場。ここで「フロントサイドダブルコーク1440」そして「キャブダブルコーク1440」という2つの4回転技を連続で決め99.00点という高得点をたたき出し、見事に優勝!

この技を連続で決めたのは、平野歩夢選手が初めてなのです。

平昌オリンピックもこのままの勢いで行って欲しいと誰もが願っていますが一つ気になることが・・・。

 

【Ads By Google】

 

平野歩夢選手の怪我

2017年3月に行われたUSオープンに出場した平野歩夢選手ですが、この時大技をかけて着地に失敗、氷の壁に激しく叩きつけられました。

意識はありましたが、左膝のじん帯を損傷

そして腹部を強打しため肝臓に傷を負ってしまいました。

特に肝臓は重傷で、絶対安静を言い渡されました。

左ひざのじん帯は、全治8週間

しかし、このアクシデントから2か月後にはリハビリ、練習を再開しました。

このような怪我に見舞われてしまうことがあるのがスポーツの怖いところですが、

平野歩夢選手は着実に回復し、2018年1月のX Games ASPENで大技を決めているのですからすごいですね!

 

平野歩夢選手の高校大学は?冬&夏五輪で金メダルの夢!

村上市立村上第一中学校を卒業後、新潟県胎内市にある開志国際高等学校に進学します。

こちらの高校はアスリートコースがあり、高校3年間はスノーボード漬けの毎日を過ごします。

実はこの高校のスノーボードを指導するコーチが平野歩夢選手の実の父親である平野英功さん。

ここで気になるのがスケートボード部。

実はスケートボードは2020年の東京オリンピックから正式な種目になることが決定しているのです。

平野歩夢選手の夢は、

スケートボードとスノーボードで世界一になること

 

【Ads By Google】

 

スケートボードの腕前も超がつくほど一流の選手なんです!!

また父親の英功さんは日本スケートボーディング連盟の理事を務めているという。

このまま順調に行くと東京オリンピックに出場するのはほぼ決まりと言ってもいいでしょう。

冬&夏でオリンピック金メダルを獲得したら?間違いなく世界から注目の人物になることは間違い無いでしょうね!!

高校卒業後進学したのが日本大学スポーツ科学部。

日本大学のスキー部に所属してるみたいです。

 

日本大学のスポーツ科ということもありトップアスリート揃いでしょう。

ですが銀メダリストが所属しているということで気負いしてしまう人もいるかも?

 

平昌オリンピックでの平野歩夢選手のメダル獲得に期待しましょう!