有賀さつき娘の親権は元旦那の和田圭か?絵の才能と学校に注目!

有賀さつきさんが亡くなられたという衝撃的なニュースから一夜明けました。

芸能界全体にが悲しみに包まれていますね。

有賀さつきがカツラで激痩せ!病気は癌で急死した?元旦那とは?

さて今回は有賀さつきさんの娘についてリサーチしてみました。

有賀さつきさんシングルマザーでした。

 

【Ads By Goole】

 

娘の沙智彗は絵がうまい!

2002年3月にフジテレビアナウンサー時代の元上司である和田圭さんと結婚し、2002年11月に長女を出産しています。

その後2006年に和田圭さんと離婚します。長女の親権は有賀さつきさんが持つこととなります。

長女の名前は沙智彗(さちえ)さん。

以前は親子でTV出演をしていました。

その時の画像がこちらです↓

2011年頃のTV番組出演でしたので当時は9歳。

このとき披露した沙智彗(さちえ)さんの絵が話題となっています。

当時9歳でしたがとにかく絵が上手でした。

習い事に関しては有賀さつきさんは熱心で英語は特に力を入れていたそうです。

有賀さつきさんは帰国子女で英語は堪能です。

娘にも英語を学んで欲しいという思いから幼い頃から習わせていました。

現在は15歳になっています。中学3年生でしょう。

 

【Ads By Goole】

 

沙智彗さんの親権は今後誰に!?

沙智彗(さちえ)さんは東京都内のインターナショナルスクールに通っているという噂ですね。

義務教育は終了していますがまだ未成年ですので大人の支えがないと学校へ通えなくなってしまいます。

親権が有賀さつきさんにありましたが親権者が亡くなってしまった場合はどうなるのでしょう・・・。

民法838条によると、

親権者が死亡した場合については、親権者がいなくなったものとして、未成年後見人が選任される

とあります。

未成年後見人は遺言で指定することができるということです。

有賀さつきさんは病気であることは自身でわかっていたはずですので遺言を残している可能性が高いです。

だとすると経済的にも豊かで実の父親の和田圭さんを指定しているのではないでしょうか?

ちなみにですが、もし遺言で指定されていなかった場合、民法840条3項では

裁判所は、あらゆる事情を考慮して、最も子供のためになると思われる人物を選ぶ

とあります。この場合同居している祖父母や伯父や伯母などが選ばれる場合が多いようです。

この他にももう一方の親が親権を復活させる方法があります。

民法819条6号によると、

親権者が亡くなった場合、未成年後見人が選任されるのが原則ですが、もう一方の親が「親権者の変更」の申立を行い、裁判所が親権者を変更するのが適切と認めた場合には、もう一方の親が新たに親権者となります。

しかしここで気になることが・・・。

和田圭は再婚している!?

もし再婚していて子供もいるのであれば家庭を持っていることになります。

そうなると親権を拒む場合も考えなくてはなりません。

再婚について調べてみると、こんな情報が・・・。

実は和田圭さんは激太りしていたという情報です。

しかもその理由が結婚し幸せ太りしていたんだとか?

本当に再婚しているのか調査してみましたがはっきりとした情報がみつかりません。

現在65歳ですので独り身というのは寂しすぎます。

再婚している可能性は十分に考えられます。

 

【Ads By Goole】

 

 

最後に

沙智彗さんは今、母親を亡くし悲しみに暮れています。

どれほどの悲しみか私にはわかりませんがこれから生きていくために大人の支えが必要なのは間違い無いでしょう。

親権が誰の元に行くのか?沙智彗さんの望み通りになることを祈っております。