伊東勝人|訃報。近畿大学監督は元アマチュア横綱。朝乃山の恩師だった

近畿大学相撲部の監督・伊東勝人(いとうかつひと)さんがなくなりました。

55歳という若さでの訃報に相撲界に激震が走っています。

2020年1月17日に東京に滞在し食事後、墨田区のホテルに戻った。

深夜に体調を崩し墨田区内の病院に搬送されたが18日未明に息を引き取ったとのこと。

伊東勝人さんについてまとめてみました。

 

 

伊東勝人さん プロフィール

伊東勝人さんは55歳。

青森県出身で五所川原商業高等学校(偏差値40)を卒業後、近畿大学に進学しています。

大学生時代に全国学生相撲個人体重別選手権無差別級で優勝。

近畿大学の職員として勤務しながら相撲を続け1991年には全日本相撲選手権を見事に優勝し、

第40代アマチュア横綱となったのでした。

2001年7月に近畿大学の監督に就任し、これまでに2度の全国学生相撲選手権団体優勝を果たしております。

これまでに輩出した大相撲力士は21名。

 

 

 

その中には関脇・朝乃山、平幕・宝富士や徳勝龍などがおります。

2019年の近畿大学の戦績はこちらです↓

第35回全日本選抜相撲宇和島大会 個人 優勝
第58回全国大学選抜相撲宇佐大会 団体 準優勝、個人 優勝
第27回全国選抜大学実業団対抗九州大会 個人3位
第92回西日本学生相撲選手権大会 個人 優勝
第78回西日本選抜学生相撲大会 個人 優勝
第8回全日本大学選抜相撲金沢大会 個人 準優勝
第43回全国学生相撲個人体重別選手権大会 135キロ以上級 優勝
第96回全国学生相撲選手権大会 団体戦 第3位

関脇・朝乃山は18日両国国技館で行われた

大相撲初場所7日目で恩師に捧げる白星で5勝目となりました。

 

伊東勝人さん心よりご冥福をお祈りいたします。
おすすめの記事