日本ボクシング界を盛り上げる

井上尚弥選手

もう皆さんご存知ですよね?

16戦目での3階級制覇は日本では最速でした

WBSS位参戦することも決定しており日本人が世界で活躍する姿ってかっこいいですよね!

日本では井上尚弥選手を超える人物はいないのでは?

とも言われていますが、なんと12戦目で3階級制覇してしまった日本人が現れました!

それが、田中恒成選手です

中京の怪物の異名で知られる彼もまた日本ボクシング界を盛り上げる一人なのです

さて田中恒成についてリサーチしてみました

 

 

田中恒成 プロフィール

生年月日:1995年6月15日

年齢:23歳

出身:岐阜県多治見市

出身小学校:多治見市立市之倉小学校

出身中学:多治見市立南が丘中学校

出身高校:中京高校

出身大学:中京大学経済学部(在学中)

階級:ミニマム級→ライトフライ級→ライト級

所属: SOUL BOX畑中ボクシングジム

入場曲:I was born to love you

 

田中恒成選手は、幼少期から空手を習っていました

小学5年生で打撃練習のためにボクシングジムに入ったのがきっかけでボクシングを始めます
 
 中京高等学校にはいり高校1年生で山口国体で優勝

2年生ではインターハイ、国体2連覇、選抜で優勝し高校4冠を達成し向かう所敵なしでした

ちなみに国体決勝で対戦した相手は、

同学年の井上拓真選手

 

 

井上尚弥選手の弟です

国際大会でもアジアユースで銀メダル獲得しています

高校3年生ではインターハイを3位でしたが素晴らしいアマチュア時代でした

アマチュア戦績は51戦46勝(13KO)

 

インターハイ後にプロ入りを決意
 
 

SOUL BOX畑中ボクシングジムに入門し、

2013年9月にB級プロテストに合格しました

デビュー戦はWBO世界ミニマム級6位の世界ランカーと対戦

3-0判定でしたがダウン付きで圧勝でした

 

日本最速プロ4戦目で東洋太平洋王座(ミニマム級)獲得

日本最速プロ5戦目で世界王座(ミニマム級)獲得

日本最速タイ、プロ8戦目で井上尚弥選手と並ぶ最速記録で2階級制覇 世界王座(ライトフライ)獲得

世界最速タイ、プロ12戦目で3階級制覇 世界王座(フライ級)獲得
 
プロ戦績は12戦12勝(7KO)

 

まさに最強最速の世界チャンピオンなのです!!
 

横井ゆは菜との関係は!?

 田中恒成選手の出身大学

中京大学はといえば

フィギアスケートが有名ですが、なんと従姉妹もフィギュアスケート選手でした

中京大中京高校に在籍中の18歳の横井ゆは菜選手

2018 JGPスロバキア大会では6位となっていました 

 

 

兄もすごい人!!

兄の名前は田中亮明選手

2歳年上の同じくボクシング選手です

しかし、田中亮明選手はプロではなくアマチュアで中京学院大中京高の講師をしています

2018ジャカルタ・アジア大会では

男子フライ52kg級で出場していましたが、2回戦で敗退しています

リオデジャネイロ五輪出場は逃していますが東京五輪を目指しています

妹もいた!

現在、小学生の妹の杏奈さん

兄2人の背中を見てどう成長していくのか楽しみですね!!

女子ボクサーになるのでしょうか・・・

 

結婚した?関連キーザードに「結婚」の文字が?

田中恒成選手を検索すると「結婚」というワードが浮上してきますが、

結婚しているのか!?

結婚はしていません

結婚していたのは兄の田中亮明選手でした

結婚していたのがわかったのは、田中恒成選手の3階級制覇した際の試合で

奥様が田中兄弟の祖父・健裕さんの遺影を持ってリングサイドで観戦していたのがきっかけでした

駒澤大学出身の田中亮明選手ですが同級生の百美(ももみ)さんという同級生の方と結婚したそうです