東京都新宿区歌舞伎町といえばネオンが煌めき、

不夜城とも言われていて、欲望が渦巻く東洋一の歓楽街です。

そんな歌舞伎町に何とも珍しい寿司屋があるそうです。

その寿司屋の名前は『へいらっしゃい』

本格的な江戸前寿司を堪能することができるお店ですが、

何が珍しいのか・・・。

実は、この寿司屋の大将が現役ホストなのです!!

大将の名前はSHUNさん。

合言葉は、女性も魚も愛してる

一体どんなお店で、SHUNさんとは何者なのか?

調査してみました。

 

 

SHUN プロフィール

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

・ 恋に恋した王様の 薔薇の花を咲かせに来て… 今夜また 🌹 ・ #shun112 #love #rose #swag

SHUNさん(@shun_smappa)がシェアした投稿 –

生年月日:1987年11月2日

年齢:31歳

出身:東京都

身長:180cm

血液型:O型

 

SHUNさんは、

ホストクラブ『Smappa! Hans Axel von Fersen』の代表を務めています。

18歳の頃からホストの道に進み14年間ホストとして歩んできました。

ちなみに、公式HPのプロフィールを見てみると前職は『レーサー』と記載がありました。

趣味はギターとサバゲーで、特にギターにはお金をかけていました。

これまで1番高価な買い物がギターだったようで、ライブ活動などもされています。

 

 

 

寿司との関係は実は幼い頃からあり、

SHUNさんの親族で寿司店を経営している方がいて馴染み深いものなのです。

ホストとして働きながら昼間は、老舗寿司店で修行を積んだ経歴があります。

 

 

SHUNさんの握る寿司にはこだわりがあり、

仲卸4社から新鮮な天然魚を仕入れます。

シャリはササニシキを使用し、

京都府三条市にある創業280年の老舗から

米酢と千鳥酢を仕入れシャリに使っているのです。

何よりも一巻一巻握る寿司に対する愛情が美味しさの秘密なのかもしれません。

SHUNさんは、女性に対する愛も寿司への愛も歌舞伎町No1なのかもしれません。

 

へいらっしゃいの住所とMAPを貼っておきます。

東京都新宿区歌舞伎町1-12-15 新宿第7ビルB1

営業時間は不定期であるため、訪問される際は事前にTwitterで確認が必要です。

SHUNさんがホストの仕事をされている際は、寿司店はお休みとなっています。

 

寿司タワーとは?

ホストクラブでは高額な料金を支払えばシャンパンタワーを体験することができますが、

『へいらっしゃい』ではここでしか経験できない〇〇タワーがあります。

それが・・・

寿司タワーです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

よっしーさんさん(@yoshietin)がシェアした投稿

もちろんコールもあります笑

あなたがネタなら僕はシャリは思わず笑みがこぼれてしまいます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hidenori Satouさん(@hidenori_satou)がシェアした投稿

2019年5月12日(日曜)放送のサンデージャポンで紹介されます。

メディアも注目の寿司店。

ぜひ一度足を運ばれてみては?