2014年にドラフト2位でロッテに入団した元プロ野球選手の田中英祐さんが華麗なる転身を遂げました!

京都大学初のプロ野球選手として話題になったこの方が第二の人生に選んだのは商社マン!

なんと総合商社大手の三井物産(株)への就職が決まったのです。

戦力外通告を受けたのが理由ですが、大手商社マンになった田中英祐さんとは一体どんな人物なのでしょうか?

 

Ads By  Google

 

田中英祐 プロフィール

名前:田中英祐(たなか・えいすけ)

愛称:えーちゃん

生年月日:1992年4月2日

出身:兵庫県高砂市

身長:180cm

体重:75kg

血液型:O型

利き手:右投げ右打ち

大学通算65試合出場し8勝31敗で防御率は2・25

2014年にドラフト2位でロッテ入団しますがプロとして出場した試合はわずかに2試合。

0勝1敗という成績で防御率は13・50

2017年ロッテから戦力外通告を受けました。

高校大学はどこ?

白陵高校を経て京都大学へ進学しています。

白陵高校といえば兵庫県でも3本の指に入るほどの超進学校です。

偏差値は73です。

毎年、東京大学や京都大学へ進学する学生を排出しているのです。

秋野公造参議院議員や稲富修二衆議院議員などが卒業生です。

大学は京都大学で工業化学科を専攻していますが偏差値は71です。

卒業生にはお笑い芸人の宇治原史規さんや俳優の辰巳 琢郎さんなど超難問クイズ番組で大活躍中ですね。

ちなみに卒論のテーマは「SFAにおける溶媒和構造の逆計算理論」ということです。

 

Ads By  Google

 

三井物産(株)の年収は?

三井物産(株)への就職が決まった田中英祐さん。

実は大学卒業時に三井物産に内定していたのですしかしそれを蹴ってプロ野球選手の道を選んでいたのです。

これまでの経歴を見ればわかる通り大手に就職してもおかしくないですね。

しかも元プロ野球選手という肩書きまで付いてくるんで三井物産(株)としても広告塔に使えるのでおいしいでしょう。

三井物産の総資産は11.5兆円で世界66カ国とのつながりがある超大企業です。

世界を股にかける総合商社として憧れの就職先です。

もちろん社員の年収はかなり高いのでしょう?

調べてみると年収が25歳〜29歳ですと984万円~1,034万円ということです。

月収にすると64.6万円というから驚きです。

大企業と呼ばれる企業に働く25歳でも平均年収は348万円(21.8万円)ですので三井物産(株)の年収はかなり高いですね。

年収ランキングは全国で16位にランクインしている三井物産(株)。

プロ野球選手からこの一流企業に就職できる人物は後にも先にも田中英祐さんだけかも?

 

 

Ads By  Google

 

 

おすすめの記事