史上最高レベル2017陸上の日本選手権男子100メートル決勝で走る

陸上の高橋周治選手が話題となっています。

不調で日本選手権は欠場も考えたということで以下のように語っています。

 「今季は絶不調で一時は欠場しようかと悩んでいましたが、土壇場で調子が戻りました。今回、決勝に進めたのは運の良さもありますが、コーチや同じく医学生で陸上も頑張っている方に励ましの言葉を頂いて自分を見つめ直せた事が要因だと思います。今できる最大限の走りをしたいです」

 土壇場で調子が戻り2年連続で決勝に進むという快挙です。

去年の成績は7位記録は10秒49でした。

高橋周治 プロフィール

生年月日:1994年5月17日

自己ベスト:10秒27

愛知医科大学四年生

2017日本学生個人選手権5位


Ads By Google


 

中学校高校はどこ?

中学校は東海中学校で

高校は愛知の超進学校で医学部進学で有名な東海高校。

なんと偏差値は75ということです。

勉強と陸上の両立は、「きつい」とツイッターで嘆いています。

1浪して愛知医科大学に進学しましたが、高校時代には医学部を受験するため2年間陸上から離れました。

去年の情報では大学に入学してからもトレーニングは週に3〜4程度。一回1〜2時間で日本のトップ8に入るのです。

追い風参考記録では10秒15を記録しています。

身長174cmという陸上選手として決して恵まれた体格とは言えませんが授業の合間の筋力トレーニングなどを創意工夫して補っているそうです。

2年もブランクがあるのに日本陸上競技選手権で決勝に残る好成績を収めているなんて昔からすごい選手だったのかな?と過去の成績を調べてみました。

[blogcard url=”https://geisposoul.com/tadasyuuhei/″]

戦歴

中学時代

3年の時に全日本中学陸上に出場していますが予選敗退

高校時代

1年の時には愛知県の大会でも予選敗退

2年では日本ユース陸上競技選手権で決勝8位になっています。

高校時代のベストは愛知県高校新人ん陸上競技大会で決勝3位になった時に記録した10秒80でした。

大学時代

2年間陸上から離れていたのに大学ではどんどんベストを更新して今回の日本陸上競技選手権でも決勝に進みました。


Ads By Google


最後まで閲覧ありがとうございます

おすすめの記事