橋岡優輝選手がドーハで行われている

陸上アジア選手権で『走り幅跳び』で

今季世界最高に並ぶ8m22cmで優勝されました!

東京五輪でも活躍が期待される橋岡優輝選手です。

 

 

 

橋岡優輝⭐︎プロフィール⭐︎

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

:]mikiさん(@mikiteegram)がシェアした投稿

生年月日:1999年1月23日

出身:埼玉県

身長:183cm

体重:73kg

種目:走り幅跳び

 

陸上競技を始めたのは中学校1年生の時。

それまでは野球やサッカーをされていました。

中学校は必ず部活に入らないといけなかったため、

両親が陸上選手だったこともあり陸上を始めたそう。

あとで書きますが、両親の経歴がすごいのです!!

陸上で活躍するのは必然だったのかもしれません・・・。

100m、ハードル、四種競技をされていて、

中学校3年生の時に全国大会に「四種競技」で出場し見事に3位の成績を残しています。

これを機に高校でも陸上をすることを決意。

 

 

 

橋岡優輝は高校で才能を開花!

進学した高校は八王子高校でした。

この高校の陸上の先生が渡邉大輔先生という方で、

実は橋岡優輝選手の叔父です。

渡邉大輔先生は走り幅跳びで2000年シドニーオリンピック、

世界選手権にも出場経験のある元アスリート。

以前からやってみたかったという「走り幅跳び」に転向。

U18日本代表にも選出され高校3年生の時には、

インターハイ、国体、日本ジュニア選手権優勝選手権で高校3冠を達成したのです。

 

橋岡優輝が大学で世界へ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mmyさん(@mmy761)がシェアした投稿

 

現在は日本大学に在学中。

大学陸上の顧問、森長先生は走り幅跳びで8m25mの日本記録を持つ方。

そんな偉大な方の元で指導を受け、

1年生の時に日本選手権を優勝。

目標だった8mという壁を乗り越え関東インカレ優勝しています。

日本選手権では2連覇中。

さらにU20世界選手権の金メダルを獲得しています。

 

橋岡優輝の両親とは?

父親の橋岡利行さんとは?

 

父親の橋岡利行さんは、

棒高跳の選手でした。

当時の日本記録保持者で5m55という記録を持っています。

さらに日本選手権では7度も優勝経験があります。

 

母親の橋岡直美さんとは?

選手時代は急性でしたので、城島直美さんでした。

中学校時代に三種競技Bでの中学校で全国大会優勝。

100mハードルや走幅跳、三段跳の選手でした。

特に100mハードルではインターハイ3連覇という経歴の持ち主です。

八王子高校の先生・渡邉大輔さんの奥様が直美さんの妹なのです。

直美さんの妹さんもまた元陸上選手で、

埼玉栄高校で100mハードルで3年連続の入賞を果たしています。

 

 

 

 

余談ですが、

Jリーグ浦和レッズでディフェンダーとして活躍中の橋岡大樹選手。

実はこの方、橋岡優輝選手のいとこ(従兄弟 )です。

 

橋岡優輝まとめ

▼橋岡優輝選手は長身イケメン

▼高校時代、大学時代は日本1

▼アジア1

▼両親、親戚がすごい人だらけ