辰巳ゆうとが歌手デビューします。

20歳という若さではありますが歌うのは演歌!

「下町純情」がデビュー曲です。

話題となっているのは年齢だけではなく、

アゴがシュッ!として目はパッチリ二重!若手イケメン演歌歌手が話題なのです。

第二の氷川きよしとの呼び声もある今注目の新人演歌歌手辰巳ゆうとについてリサーチしてみました。

 

 

辰巳ゆうと プロフィール

 

生年月日:1998年1月9日

年齢:21歳

出身:大阪府

身長:173cm

血液型:A型

所属:長良プロダクション

大学はどこ?経歴は?

 

 

現在大学4年生の辰巳ゆうとさん。

英語を東京の大学で学んでいるということです。

残念ながら大学名までは明らかにされていませんでした。

今後有名になれば明らかになるでしょうか・・・。

祖父の演歌好きがきっかけで、

幼い頃はカラオケ喫茶でおしめを替えてもらっていたというくらい演歌漬け。

物心ついた時にはすでにマイクを手にしていたという。

学4年生で地元のカラオケ教室に通っています。

 

 

中学1年生の時には『ティーンズカラオケ大会』で優勝し実力を発揮していました。

高校1年生の時にはボイスレッスンを本格的に始めプロを目指していました。

2016年4月に大学進学のため大阪から上京し、

赤羽、錦糸町などで演歌のストリートライブ積み重ね週2のペースで現在までに80回以上行ったようです。

特に赤羽には思い入れがあり、

初めてストリートライブを始めたのが赤羽で恩返しがしたいという気持ちから、

デビュー曲の「下町純情」のカップリング曲は、「赤羽ものがたり」です。

小泉進次郎筆頭副幹事長似でイケメン!野球少年だった!

 

演歌歌手って聞くとスポーツとは無縁のイメージが個人的にあったのですが、

辰巳ゆうとさんは中学の時に副キャプテンを任されていたんですよ。

しかもポジションは左投げのピッチャーとしてチームから頼られる存在だったのです。

イケメンで、野球部の副キャプテン、歌がうまい・・・。

モテモテ要素たっぷりですね。

好みのタイプは、

「笑顔が素敵な人」ということでした。意外にもAKB48のファンなんだそうです。

また料理も得意で、得意料理は牛肉を使った肉じゃが!

料理男子の一面も持った辰巳ゆうとさんは演歌のみならず多方面で活躍しそうです!

 

 

最後に

夢は紅白歌合戦に出場することで、氷川きよしさんのように幅広い年代の方々から愛されたいとのことです。

近い将来紅白歌合戦で観れることを楽しみにしています!!

2018年12月レコード大賞新人賞を獲得しましたね。

これからのますますの活躍に期待です( ^∀^)

 

おすすめの記事