関西テレビのアナウンサーが話題になっていますね。

公営地下鉄としては全国初!

民営化された「Osaka Metoro」の全駅アナウンスを

新実彰平アナが担当することが判明しました。

今回は今話題の29歳若手の新実彰平アナについてリサーチです。

 

 

新実彰平 プロフィール

名前:新実彰平アナ(にいみしゅうへい)

生年月日:1989年4月10日

年齢:29歳

出身:京都府京都市

血液型:O型

身長:174cm

資格:防災士

 

洛星高等学校出身の新実彰平アナ

京都府でTOPクラスの学力を誇る学校です。

偏差値は69〜75と言われており、文武両道を実現できる学校として人気があります。

新実彰平アナは小学生の時に始めた野球

元NYヤンキースの松井秀喜さんに憧れていたそうです。

その憧れは強く、右利きでしたがバッターボックスでは左に変更していました。

洛星中学生時代も軟式野球部に高校はキャッチャーとして硬式野球部に所属していました。

 

進学先の大学は京都大学

学部は法学部。

 

やはりここでも野球部に所属し2011年には、関西学生野球で首位打者とベストナインを獲得。

京都大学の学生では歴代3人目の受賞だったのです。

新実彰平アナが4年生の時に、当時は京都大学の1年生だった田中英祐さん(ピッチャー)

とバッテリーを組んでいました。

最近話題になったこの方です↓

 

千葉ロッテでプロ野球選手として所属していた人物で、

現在はプロ野球選手としてではなく三井物産の社員として働いております。

さすがは京都大学出身!!

 

新実彰平アナも負けてはいません。

 

 

 

京都大学卒業後の2012年4月関西テレビにアナウンサーとしてに入社すると、

その年の10月から入社後初のレギュラー番組『FNNスーパーニュースアンカー』でスポーツキャスターに選任されます。

その翌年には『カンテーレ 二代目ショーヘイへの道!』という冠番組を持つことになり、

2014年にFNSアナウンス大賞 新人部門でアナウンス賞で最優秀賞、2016年にはFNSアナウンス大賞年間MVPを獲得していました。

ちなみにその当時は26歳という若さだったことから最年少での獲得ということで大きな話題となっていました。

 

さらに新実彰平アナは俳優業にも挑戦。

2017年テレビドラマ『大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語 – Part2 -』に出演していました。

 

そして現在、新実彰平アナは2018年4月2日から始まった『報道ランナー』でメインキャスターを務めています。

ちなみに報道番組でメインキャスターを務めたアナウンサーでこ平成生まれは初のようです。

 

結婚し嫁がいた!子供は!?

新実彰平アナは2014年に結婚されています。

結婚相手の方は新実彩貴(さき)さんという方で1歳年下だということです。

出会いは京都大学で、同じ野球部のマネージャーを務めていたということです。

また大学卒業後も新実彰平アナが所属する京都大学野球部のOBが集まった硬式野球クラブチーム『DBグラッズ』でマネージャーをされていました。

奥様はどんな人??

新実彰平アナはインタビューでこのように語っていました。

・優しくて、まじめ

・家庭的で、平和主義者

・芯は強く、自分の意思を持つ 

・丸顔で、笑顔が素敵な女性

顔画像が気になるところですがTwitterを覗いてみると美しい女性が写っていました。

 

ニットっぽい服装の女性が奥様ではないか?と思われます。

ちなみに彩貴さんについては福岡出身で元会社員だという情報がありました。

お子さんについてはこれまでに報道はなく、Twitterでも報告していないことからまだ授かっていないものと考えていいでしょう。

これからの新実彰平アナの活躍に期待ですね!!

 

 

 

 

おすすめの記事