U-17女子日本代表監督の楠瀬直木(クスノセナオキ)監督が解任されました。

理由は「JFA職員に対する不適切な行為があった」

2017年6月にJFL職員の女性にハグをし、2018年9月にも二人は接触したことでその女性が訴えたということでした。

“リトルなでしこ”とも呼ばれるU-17女子日本代表監督は今後、U-20女子日本代表の池田太監督が代行を務めます。

さてさて楠瀬直木さんてどんな人物なの?

 

 

楠瀬直木 プロフィール

 

生年月日:1964年4月17日

年齢:54歳

出身:東京都小金井市

現役時代のポジション:DF

 

選手時代の経歴

帝京高等学校→法政大学→読売サッカークラブ→本田技研工業サッカー部

なんとなんと

高校時代には帝京高校で1982年高校総体で全国優勝を果たしていました。

 

監督・コーチ 指導者経歴

現役引退後に栃木県小山市でワールドブリッツ小山(少年サッカースクール)でコーチをしていました。

その後、やはり小山市にある白鴎大学サッカー部の監督に就任。

2003年からはVERDY S.S小山ジュニアユースで監督を務めていたのです。

栃木県しかも小山市にゆかりのある方です。

2009年にJFA公認S級コーチライセンスをすると2010年から2年間東京ヴェルディ1969ユースの監督に就任。

日本クラブユース選手権連覇に貢献していました。

ヴェルディユースといえば俳優の竹内凉真さんが所属していたことで有名ですが、

楠瀬直木さんと竹内凉真さん繋がりがあるみたいですよ??

 

教え子だったのかー!!

だとすると竹内凉真さんもかなりショックでしょうね・・・。

その後の経歴はこんな感じです↓

 

2012年 – FC町田ゼルビア

2012年11月 – 12月 強化・育成統括本部長 (兼任)

2013年1月 – 6月 強化・育成統括本部長

2013年6月 – 12月 トップチーム 監督代行

2014年 –2015 アカデミーダイレクター

2015年 – 2018U-16日本女子代表 監督

 

 

 

 

代行監督 池田太監督はこちら

2018年11月13日〜ウルグアイで行われるU-17女子ワールドカップ。

大一番でこれまでに指揮していた監督がいなくなることは選手にとってはかなり不安なことです。

でもご安心ください。U-20女子日本代表の池田太監督が指揮をとりますから!!

2018年FIFAU-20女子ワールドカップでは初優勝に導いた人物ですよ!!

楠瀬直木監督は結婚している!?

残念ながら結婚や子どもに関するプライベートな情報は一切ございませんでした。

ただ知人女性にハグするという行為をしているので、

結婚はしていないと信じたい・・・。

これから情報があればUPいたします。

 

楠瀬誠志郎が兄だった!

家族に関する情報で楠瀬誠志郎さんが実の兄であることが判明しました。

 

楠瀬誠志郎さんとはシンガーソングライターで作詞作曲などもしている音楽に携わる方でした。

1991年にリリースした自身の通算10枚目のシングル「ほっとけないよ」が70万枚を売り上げる大ヒットを記録

ほっとけないよ

TVドラマ『ADブギ』で主題歌にもなったため全国で

楠瀬誠志郎さんの名前が知れ渡ることになったのです。

ちなみにこのドラマの主演は加勢大周さんでした。ダウンタウンの浜田雅功さんや的場浩司さんらも出演するものでした。

ADブギ DVD-BOX

 

さいごに

またセクハラか・・・。

今年何度目でしょうか。

U-17女子ワールドカップでは選手達に影響が出ないことを望むばかりです。

がんばれ!リトルなでしこ!!