渡部暁斗が結婚相手と双子兄弟で五輪の頂点を目指す!英語は克服?

平昌オリンピックで活躍を魅せてくれるであろう

ノルディック複合の渡部暁斗選手

とにかく今好調です!W杯3連勝でシーズン4勝とノリに乗っています。

世界ランキング2位(2018年2月現在)の渡部暁斗選手はメダル獲得にも期待です!

さて渡部暁斗選手ってどんな人物なのか?

そんな疑問を持った方のためにリサーチしてみました。

 

【Ads By Google】

 

渡部暁斗 プロフィール

生年月日:1988年5月26日

年齢:29歳

出身:長野県白馬村

身長:173cm

体重:61kg

血液型:O型

出身高校:長野県白馬高校

出身大学:早稲田大学

所属:北野建設

スキーを始めるきっかけとなったのは、1998年に開催された長野オリンピック。

当時、小学3年生だった渡部暁斗選手はジャンプ競技を間近で見たことをきっかけに、

「自分も空高く飛んでみたい」

という気持ちになり、

小学4年生の時に本格的にスキー競技を始めます。

するとすぐに才能を発揮していきます。

白馬高校の3年生の時(2006年)にはトリノオリンピックの選手に選ばれます。

この時の成績は個人スプリントで19位とあまり話題になりませんでしたが世界で19位ですから立派なものです。

その後早稲田大学に進学します。

2009年世界選手権の団体戦では日本では14年ぶりとなる金メダル獲得の立役者となります。

さらに2010年に開催されたバンクーバーオリンピックでは、団体6位、個人ノーマルヒルで21位、ラージヒルでは9位と成績を残し、

2014年のソチオリンピックでは、ノーマルヒル2位で念願だった銀メダルを獲得しています。(この時ラージヒル6位、団体5位)

このノルディック複合の個人銀メダルは1994年に開催されたリレハンメルオリンピックで銀メダルを獲得した河野孝典選手以来20年ぶり2人目の快挙だったのです。

さて2018年ソチオリンピックでは日本人初のノルディック複合の個人で金メダルの獲得が期待されています。

 

【Ads By Google】

 

結婚相手は?

渡部暁斗選手の結婚相手は山崎(旧姓)由梨恵さんです。

2014年ソチオリンピック閉幕後の5月に結婚しています。

山崎由梨恵さんも実はスキーハーフパイプの選手で同じく平昌オリンピックに出場します。

現在は渡部に性を変え渡部由梨恵選手として活躍されています。

渡部由梨恵  プロフィール

 

名前:渡部由梨恵(わたべゆりえ)

生年月日:1989年1月12日

年齢:29歳

出身:北海道富良野市

身長:158cm

体重:58kg

夫婦だが年間で過ごせるのは30日〜40日

大学時代から交際を続け結婚に至りますが、二人は異なる種目の競技者であるが故にすれ違いの日々が続いているのです。

お互いトップアスリートで海外遠征が続きます。

二人が年間で過ごせるはなんとたったの!!

30日〜40日

普通なら離婚していてもおかしくないレベルだと思うのですが・・・。

でも二人の夫婦生活は決して希薄なものではないそうです。

アルバイトで工面してきた由梨恵さんに対してアルバイトを辞めスキーに専念してほしいと言ったのも暁斗選手。

すれ違いの生活になるのは最初から分かっていました。

スキーに専念したこともあり由梨恵さんは平昌でオリンピック初出場を果たします。

過ごせる日数は少ないが一般的な夫婦よりも信頼関係はしっかりしているようです。

 

【Ads By Google】

 

 

英語は話せるのか!?

最近のアスリートはみんな英語話していますよね。

実は渡部暁斗選手は英語が苦手でした。

11年のクーサモ大会(フィンランド)で表彰台にあがった時に英語でインタビューされるのですが全く話がわからず途方にくれたそうです。

そこから猛勉強し今では英語でしっかり受け答えができるようになっています。

証拠の音声を発見しましたので気になる方はどうぞ。

最新英語音声を入手しましたので気になる方はどうぞ↓

 

萩原兄弟の再来!?双子兄弟?がオリンピックへ

渡部暁斗選手を検索してみると「兄弟」「双子」というワードが浮上しますがまさか萩原兄弟の再来か!?

と頭をよぎった人もいるはず。

ちなみにこちらが兄弟の画像です↓

どちらが暁斗選手かわかりますか?

かなり似ていますよね。右側が弟の善斗(よしと)選手

実際には3歳下の弟なのです。

善斗選手も暁斗選手と同じノルディック複合の選手で

ソチオリンピックにも出場しており個人ノーマルヒルで15位、個人ラージヒルでは35位という記録を残しています。

しかも暁斗選手と同じ北野建設に所属しておりフィンランドで行われた開催されたノルディック世界選手権の団体スプリントでは兄弟でペアを組み銅メダルを獲得しています。

ライバルであり仲間である二人の勇姿を平昌オリンピックでしっかりと見てみたいと思います!

頑張れ!!

 

おすすめの記事