今!!話題のシンガーソングライターをご紹介いたします。

川口レイジさんという方で、

2019年7月に「Departure」でメジャーデビューしたばかりですが、

2020年ブレイク間違いなしと言われています。

速水もこみちさん主演のドラマ「この男は人生最大の過ちです」で主題歌とエンディングを担当します。

川口レイジさんとは一体どんな人物なのか??

リサーチしてみました。

 

 

川口レイジ プロフィール

川口レイジ PROFILE

名前:川口レイジ(かわぐちれいじ)
生年月日:1994年6月29日
出身:香川県
憧れの歌手:玉置浩二
身長:180cm
血液型:A型
職業:シンガーソングライター
所属:研音

川口レイジはとにかくイケメン!

川口レイジさんは公式YouTubeチャンネルでミュージックビデオを公開しています。

歌唱力はもちろん素晴らしいのですが、プラスしてイケメン、

さらには身長180cmという高身長であるため女性人気はこれから急上昇していくものと思われます。

スポンサーリンク

川口レイジの経歴と父親について

川口レイジさんの学生時代はもちろん音楽一色…??

ではなかったようです。

中学校1年生の時に始めた野球を没頭する毎日でした。

高校球児はほぼ毎日野球の練習で音楽とは無縁だったとか。

そんな野球少年の川口レイジさんは高校2年生の時に怪我を負ったことをきっかけに

野球を続けることができなくなりました。

さらに不幸が重なり、同時期に父親がなくなるのです。

 

 

 

悲しみにくれ路頭に迷いそうな時、父親の遺品から意外なものが発見されました。

これまで父親と音楽の話をしたことがなく音楽には無関心と思っていた父親がクラシックギターを持っていたのです。

それからは音楽にのめり込み、友人らとYouTubeなどの動画サイトで様々な音楽に触れ、

自身もカバー曲をUPしたり、時にはストリートやライブハウスで音楽活動をするようになります。

ネットを通じてソニー・ミュージックからスカウトを受けたのをきっかけに香川から上京。

本格的に音楽活動を始めます。

海外の音楽にも触れたいとロサンゼルスへ音楽留学したことがきっけである人物と出会い、

川口レイジさんの人生に大きな転機が訪れます。

とその前に、

第60回グラミー賞の最優秀レコード賞にノミネートされた「Despacito」はご存知ですか?

YouTubeで65億再生回数超えた楽曲です。

「Despacito」のソングライターMarty James(マーティ ジェームス)

日本人に初めて楽曲提供した相手こそ川口レイジさんだったのです。

当時、無名の日本人に楽曲提供したことは衝撃のニュースとして取り上げられていました。

知人の紹介で出会ったということなのですが、コネではなく実力でコラボできたことは明らかです。

こちらがコラボした楽曲の「R.O.C.K.M.E. ft. Marty James」です。

川口レイジの出身高校が判明

香川県立丸亀高校出身であることが判明しました。

こちらの高校はなんと!

偏差値69の進学校です。

アナウンサーの中野美奈子さんの出身校として有名な学校です。

プロ野球選手も多く輩出しており、現役で活躍中の松本直樹選手(ヤクルト)の出身校です。

野球の強豪高校として知られており、

高校2年生で怪我がきっかけで野球ができなくなった川口レイジさんもかなり期待されていたものと思われます。

ポジションはピッチャー(投手)であったことが判明。

さらにどんな怪我か調べてみると、椎間板ヘルニア腰椎分離症だったことがわかりました。

 

 

おすすめの記事