篠山輝信さんが結婚を発表されました。

俳優として活躍されているので皆さんご存知かと思いますが、

父親は写真家として有名な篠山紀信さん。

 

結婚相手はNHKの女子アナウンサーとして活躍中の

雨宮萌果(あめみやもえか)さん。

雨宮萌果について知らない人が多いかと思いますので、調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

雨宮萌果 プロフィール

 

 

名前:雨宮 萌果(あめみや もえか)
愛称:あめみー、あめちゃん
生年月日:1987年6月30日
年齢:31歳
出身:兵庫県生まれ(育ちは東京)
血液型:A型
最終学歴:法政大学(人間環境学部)卒業
勤務先:NHK放送センター
部署:アナウンサー室
趣味:カラオケ
特技:即興ダンス、落語(大学時代に落語研究会に所属)

 

法政大学人間環境学部を卒業後の2011年にNHKに入局しています。

沖縄放送局→福岡放送局→東京放送局と経験を積み、

現在(2018年12月25日)NHK総合で朝の人気番組

「あさイチ」のリポーターを務めています。

 

ダンサーを夢見た過去

実は子供の頃の夢は、ダンサーやミュージカル女優というちょっと違った職種でした。

幼い頃からクラシックバレエを習っており、

クラシックバレエを8年と高校時代はストリートダンス部の部長として活動。

だから特技が即興ダンスなのです。

妹とマイケルジャクソンの音楽をかけ踊って家事をしていたんですって。

 

落語の持ちネタは15種

もう一つの特技が『落語』です。

女子アナで落語が特技だって言える方は全国に何人いるのでしょうか。

ごく少数だと思うのですが、前述にもありますが、

法政大学時代に落語研究会に所属していた雨宮萌果さん。

学生時代は全国各地の老人ホームや納涼祭やで落語を披露する落語一色の学生生活を送っていたそうです。

全国女性落語大会で優秀賞も獲得しています。

 

東京放送局に異動になった時も、東京に戻ってまず最初に向かったのは・・・

寄席

実家ではありません(笑)

 

俳優の東出昌大さんと落語家の春風亭一之輔が、

「若い世代が落語を知らないなんてもったいない」

ということで立ち上がり落語の面白さを伝える番組の

Eテレ「落語ディーパー」。

司会を務めているのが雨宮萌果さんなのです。

本物の落語好き雨宮萌果さんが巷では話題になっているのです。

落語ディーパーは2019年1月2日PM9:30〜10:30放送予定です

 

スポンサーリンク

 

実は芸能一家

母親は天川彩(てんかわあや)

1962年生まれの北海道札幌市育ち。

作家、テレビ・ラジオの脚本家、プロデューサーとして活躍されています。

芸能事務所の(有)オフィスTEN(OFFICE TEN)の代表取締役でもあります。

 

妹は雨宮あさひ(あめみやあさひ)

 

雨宮あさひ プロフィール
生年月日:1988年5月15日
年齢:30歳
出身:東京都
身長:157.5cm
血液型:O型
スリーサイズ:B89cm-W69cm-H91cm

妹の雨宮あさひさんは久本雅美さんが所属する

ワハハ本舗』に劇団員とし所属しています。

2008年からワハハ本舗のお手伝いとして活動を開始しています。

2011年の全国ツアーで自腹で全公演帯同したことがきっかけで、

熱意を評価され新人劇団員として所属することになりました。

現在は前説の仕事や演出助手などの仕事がメインでまだまだ下積み生活中のようです。

 

雨宮萌果のカップがすごい!?

 

雨宮萌果さんを検索すると『カップ』というワードが真っ先に浮上してきます。

スリーサイズは公表していないはずだがなぜ??

ネット上ではDカップという意見が多いようで、妹さんもBが89cmありますから遺伝なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

篠山輝信との馴れ初めは?

結論から言うと、「あさイチ」

2人が最初に出逢ったのは沖縄でした。

篠山輝信さん「あさイチ」のリポーターをつとめていた2012年。

沖縄を紹介する際に、NHK沖縄放送局で働いていた雨宮萌果さん。

案内役だったのです。

その後、東京局勤務になり「あさイチ」で共演したことがきっかけとなり一気に距離が縮まり、

2017年ごろから交際していたようです。

 

 

 

おすすめの記事