カーリングチーム、ロコ・ソラーレ北見(LS北見)が、

平昌オリンピックで見事に銅メダルを獲得しました!

最後のイギリスとの試合は見ていてハラハラした!!という人も多いのではないでしょうか?

LS北見の主将は、本橋麻里選手。

2010年のバンクーバー五輪にも出場して注目を集めた選手ですね!

あれから8年この時は独身でしたが、現在は結婚もして彼女を取り巻く環境はかなり変わってきています。

こちらではそんな本橋麻里選手の色々を調査してみました。

 

【Ads By Google】

 

本橋麻里 プロフィール

 

生年月日:1986年6月10日

血液型:A型

出身地:北海道常呂郡常呂町

身長:160㎝

体重:56.5㎏

所属:NTTラーニングシステムズ株式会社

 

チーム作りが銅メダル獲得に大きく貢献!

バンクーバーオリンピック後の2010年8月、

チームロコ・ソラーレ北見を結成することを発表した本橋麻里選手。

初期メンバーには、現在も在籍している吉田夕梨花選手、鈴木夕湖選手。

 

吉田夕梨花はかわいい姉妹で話題!英語ペラペラなのは大学で納得!

鈴木夕湖がカワイイ!北見工業大学出身でリケジョだった!彼氏は?

 

そしてすでに離脱した馬渕恵さんと江田茜さんがいました。

オリンピックで注目を浴びた選手とはいえ、新チーム立ち上げは簡単なことではありませんでした。

当時はスポンサーも少なく、練習はそれぞれ仕事を終えてからでしたので、なかなか集中することができません。

本橋麻里選手はスポンサー探しにも奔走しなければなりませんでした。

その結果、2013年のソチオリンピックでは中部電力に敗れて、残念ながらオリンピック出場はならず・・・。

2015年に、元メンバーの藤澤五月選手が加入。

 

藤澤五月を韓国人がカワイイと絶賛する理由!姉もカワイイと話題!

藤澤五月のカップや身長は?かわいいカーリング選手で話題に!画像は?

 

地道に練習に励んだ結果、2017年に行われた平昌オリンピック代表決定戦で中部電力に勝利、オリンピック代表となりました。

スポンサーも増えて、17社になったそうですよ!

そして、平昌オリンピックでLS北見はイギリスに勝利して銅メダルを獲得!

本橋麻里選手は今回、補欠の選手になっていました。

これについて『自分が控えにいることで経験がある分一歩引いてチームを見ることができる』と話していました。

今回は裏方に回りましたが、本橋麻里選手のサポート、選手それぞれの努力で勝ち取ったオリンピックでの銅メダル。

本橋麻里選手が2010年に結成したLS北見は、ついにオリンピックという大舞台で活躍することができました。

 

【Ads By Google】

 

旦那はどんな人?

本橋麻里選手は2015年5月3日に結婚してみます。

気になる旦那さんですが、“カーリング関係者ではなく一般の北海道出身の男性”だそう。

一般の人なので、仕事、名前、顔など一切非公開でした(泣)

残念ですが、こういったところからアスリートではない可能性が高そうですね。

 

子供の性別や名前は?

2015年10月19日には、出産して現在子供が1人いる本橋麻里選手。

男の子で3725gだったそうで、かなり大きかったようです。

出産が大変だっただろうな…と思ったら、『スピーディー安産でしたので母子共に健康です』とこうコメントをしています。

子供の名前も公表はされていません。

今はネットを通してあっという間に広まってしまいますから、公表しないのでしょうね。

息子さんはすでに氷上立っています。

将来はママと同じカーリング選手をすでに夢見ているのでしょうか??

将来が楽しみですね!

 

【Ads By Google】

 

「勘違い」と検索されている理由は?

本橋麻里と検索すると、”勘違い”というワードが出てくるのです。

これ、どうも橋真麻里選手の試合以外の活動に対して言われているよう。

確かに2010年にDVDを出しています。Amazonで購入可能です↓

本橋麻里 Days off [DVD]

このDVDは試合の風景などではなく、完全に彼女のオフショット。

DVDの紹介文には、水着ショットのことが匂わせてありますが、実際にDVDを買った人からは、「水着ショットはない!」という声もあります。

写真集や2010年のカレンダーもあるようですよ!

これについてアイドルみたいな活動をして「勘違い」している、という声もあるようです。

しかし、これで試合の遠征費を稼いでいたとも言われています。

スポンサーが少なかった時期もありますからね。

批判することは誰もできないでしょう。

銅メダルの本橋麻里選手、お疲れさまでした!

これからの活動にも注目していきましょう。