中村克(水泳)|筋肉イケメン!実家の居酒屋が判明。高校大学も特定。

水泳の中村克選手が話題になっています。

話題になっている原因は熱愛報道です!!

人気のフリーアナウンサー岡副麻希アナと今後どのような展開になるのか注目です。

中村克選手とは一体どんな人物なのでしょうか??

 

 

中村克選手 プロフィール

中村克 PROFILE

名前:中村克(なかむらかつみ)
生年月日:1994年2月21日
出身:東京都調布市
身長:183cm
体重:75kg
血液型:B型
出場種目:自由形
所属:イトマン東進

中村克選手が水泳を始めるきっかけは?

意外にも水泳を始めたのは中学校一年生の時。

遅めのスタートでした。

中村克選手は、もともと小学校のプールの授業が大好きで泳ぎに自信もあったそうです。

地元のスイミングクラブへの加入を申し出たが選手コースは途中加入がほとんど許されていなかった。

小学校の低学年から練習している子供達との差は歴然で途中加入した子も傷ついてしまうという理由ではないでしょうか。
しかし地元の調布にあるクラブのコーチは入部を許可してくれたのだがやはりついていけず入部したことを後悔したこともあったのです。
中で、当時住んでいた調布のクラブのコーチが拾ってくれた。最初はついていけず、入部を後悔したこともあった。
中学校2年生になり足立区の十四中学校に転校すると東京マリン舎人に入部しています。
クラブでの経験が中村克選手を成長させ、なんと中学校3年時にリレーで初の全国大会出場を決めました。
そして結果は2位という素晴らしい成績を残しています。

 

 

 

スポンサーリンク

中村克選手の高校&大学時代

進学した高校は武蔵野高校でした。

高校2年の時にインターハイ50m自由形で優勝し自信をつけた中村克選手は

高校3年の時にもインターハイ50m自由形で優勝し2連覇の快挙を成し遂げました。

また100m自由形でも2位となっていました。

大学は早稲田大学へ進学しスポーツ科学部に在籍していました。

50m・100mの自由形で学生選手権2冠を達成、パンパシフィック選手権初出場や世界選手権への出場など輝かしい戦績を残しています。

 

中村克選手の就職先は?

中村克選手の就職先は『ナガセ』
2016年の日本選手権においては100m自由形では自信が持つ日本新記録を更新。
タイムは48.25
同年開催されたリオオリンピックでは4×100mリレーの第1泳者を任され、
日本人初の47秒台をという好タイムを出しています。
東京オリンピックに向けて調子が右肩上がりの中村克選手は最もメダルに近いと言われているのです。

中村克選手の父親は飲食店経営

中村克選手の勝負飯があるという情報がありました。
実は父親が経営するお店の料理が勝負飯なんだそうです。
調べてみたところ中村克選手の父親で中村昇さんは都内に『厳選もつ酒場 エビス参』を経営されていて、
ロンドン五輪銀メダリストの入江陵介選手や瀬戸大也選手も足を運ぶほどお店で味には絶対の自信があります。

 

 

 

おすすめの記事