今江憲|ラガマル生みの親は俳優でモデル。高校大学でラグビー強豪校?

ラグビー日本代表の快進撃が続き、日本中が大盛り上がりですね!!

さて皆さんはラガマルくんというキャラクターをご存知でしょうか??

知らない人も多いでしょう。

しかし最近、巷では徐々に知れ渡り始めています。

このキャラクターの考案者で中の人が俳優だということで話題となっています。

さて俳優の今江憲さんとは一体何者なのでしょうか?

 

 

今江憲 プロフィール

名前:今江憲(いまえけん)
生年月日:1987年11月30日
出身:京都府
血液型:O型
所属:オスカープロモーション

今江憲は元ラグビー選手

小学校時代は吹奏楽部でサックスをしていましたが、

中学1年年生の時にラグビーを始め、

高校2年生の時にはあと一歩というところで全国大会出場を逃した苦い思い出のある今江憲さん。

関西にあるラグビー強豪校に在籍していましたが高校名は公表されていません。

当時は身長が180cmで体重が90kgほどありガッチリした体型だったようです。

ちなみに現在は−30kgで60kgほどです。

大学4年まで(大学時代はほぼ幽霊部員)の10年間をラガーマンとして生活を送り、

卒業後はラグビーとは距離を置いていましたが、

2015年に開催されたW杯で日本が南アフリカから歴史的な勝利をもぎ取ったことからラグビー熱が再熱。

何か貢献できないものか?

と考え誕生したのが他でもない「ラガマル」くんなのです。

 

 

スポンサーリンク

ラガマルが人気!!

M87楕円銀河にある「楕円球」という星の出身で、

地球では正体不明の未確認生物として扱われるようです。

楕円球はラグビーが盛んな惑星で、地球の日本という国には

ラグビー熱が足りないという理由からラグビーを普及させるためにやってきたんだそうです。

 

 

本名はラガマルク15世で楕円球の王子様なのです。

名前の由来はラガーン(男性)+ラガー(女性)

語尾に「ラガ」がつくのが特徴です!

 

ラグビー色を強くすると、嫌厭されてしまうかもということであえてラグビー色を抑えかわいいキャラになっています。

しかし隠れラグビーが存在し、

鼻はラグビーボールで口はH型のゴールポストをイメージしてキャラクターが完成しています。

非公式キャラクターではありますが、調布市と府中市のラグビー応援アンバサダーに就任しています。

今江憲は現在は俳優・モデルとして活動

ラガマルのプロデューサーとして活動していますが、本業は芸能活動です。

主にモデルとして活動するのですが、俳優として舞台を中心に活動されています。

演歌歌手の美川憲一さんプロデュースの飲食店で20代前半の頃にアルバイトしていたのがきっかけで芸能界入り。

今江憲という芸名は美川憲一さんが名付けて芸能界入りしたのでした。

 

 

ちなみに座右の銘は「恩返し」です。

目標は日本の代表的なスポーツが「ラグビー」と言われるような世の中にしたいという今江憲さん。

今後の活躍に注目です!!

 

 

 

 

おすすめの記事