米倉強太|白濱イズミと結婚!祖父と母親がすごい人物だった!

モデルのラブリ(白濱イズミ)さんが結婚を発表されました。

結婚相手の男性が米倉強太さんということが判明しました。

 

この投稿をInstagramで見る

・ この度、私白濱イズミは2019年11月27日に かねてよりお付き合いしていた映像作家である米倉強太さんと入籍致しましたことをご報告させていただきます。 私をありのままの私で居させてくれる人です。 出会った頃から全てが自然で日常的で、心が穏やかでした。そんな人とこれからも過ごしていくことは私にとってとても自然なことでした。 互いに高め合い、互いを守り合いながら 共に生きて行きたいと思っています。 今後共、宜しくお願い致します。 白濱イズミ 米倉強太 @gotayonekura 指輪は raijiigでオリジナルで作ってもらいました💍 @raijiig

loveli / 白濱イズミ(@loveli_official)がシェアした投稿 –

米倉強太さんとは一体何者なのでしょうか??

 

 

米倉強太 プロフィール

米倉強太 PROFILE

名前:米倉強太(よねくらごうた)
生年月日:1994年4月27日
出身:栃木県那須塩原市
身長:184cm
血液型:A型

米倉強太 経歴

米倉強太さんは2013年18歳の時に第30回『MEN’S NON-NO』のモデルオーディションに応募し、見事に合格。

晴れて『MEN’S NON-NO』の専属モデルとなったのです。

なぜモデルになりたかったのか??

実は、バイク欲しさにモデルになってしまったのです。

このモデルオーディションで選ばれれば20万円が贈られるという副賞付きだったのです。

結局、バイクは買えなかったようです。

さてモデルになった当時の動画が公開されていますので添付いたします。

米倉強太さんは高校卒業後、大学へ進学しました。

進学したの高校の名前は多摩美術大学でした。

ここで映像についてのイロハを学ぶでのですが、

意外な真実が明らかになりました。

実は米倉強太さんは映像についてはあまり興味がなく演技を学び俳優になることを目標にしていました。

ではなぜ演劇学科ではなく映像学科に進んでしまったのか?

大きな勘違いで映像学科に進んでしまったのだというのです。

映像学科は映像系の演劇をする学科だと勘違いしてしまったというのです。笑

 

 

 

しかし、これがきっかけで2015年には映像制作会社である『mooddict』を設立し起業するのです。

2016年3月に映像の仕事に集中するため『MEN’S NON-NO』の専属モデルを卒業。

さらにその後、『オフィス サンカイ』というカメラマンやディレクターの事務所のような会社も設立。

 

 

現在はハイブランドを始め様々なブランドで広告映像のディレクションをされているのです。

「GUCCI」「ULIUS」「SILAS」「ユニクロ」などなど。

元モデルのハイパークリエーター米倉強太さんに今後も注目なのです!!

米倉強太の祖父と母親がすごい人だった!

米倉強太さんの母親はイラストレーターの米倉万美さん。

1961年に那須町に誕生し、

1983年に大学卒業後に『アンパンマン』の作家で、やなせたかしさんの助手でした。

数年の修行を経て独立し那須町を拠点に活動を始めます。

ニューヨークで個展開催を開催するなど活躍されています。

旦那様は那須塩原市でクリニックを営む医師で子供が米倉強太さんを含め3人いることが分かっています。

 

 

 

米倉万美さんの父親で米倉強太さんの祖父は

医師で作家として活躍された見川鯛山先生です。

「田舎医者」など14冊の小説を書かれた方です。

 

米倉強太さんは家族写真を以前FacebookでUPされていました。

 

おすすめの記事