北出卓也|北出丼の作り方レシピ。出身中学と高校が判明。プロフ紹介

 

 

ラグビーワールドカップが盛り上がっており、

歴史的な日本代表の勝利で初の決勝トーナメント進出など快進撃が続いていますね。

そんな日本代表選手の北出卓也選手が、

考案した「北出丼」というものが話題になっているのはご存知でしょうか??

2019ブレイク間違いなしの「北出丼」と「北出卓也選手」についてリサーチしてみました。

「北出丼」の作り方

北出丼の作り方はいたってシンプルです。

ほかほかに炊いた白米の上に以下の具材を乗せます

・高菜

・めんたいこ

・しらす

・ネギ(青ネギが好ましい)

・卵黄(最後に並べた具材の真ん中に落とす)

具材を乗せ終わったら最後にごま油を垂らし完成です。

 

ポイントはごま油です。自分好みの油量になるように何度か試された方が良いかもしれませんね。

現在日本代表選手の7割がこの「北出丼」を食しており手軽で栄養バランスが良いと評判なのだそう。

ちなみにTwitterでは「北出丼」をアレンジして画像をアップする方も多く見られます。

納豆、切りごま、もみ海苔など様々な具材を乗せて楽しんでいるようです。

 

 

 

北出卓也 プロフィール

北出卓也 PROFILE

名前:北出卓也(きたでたくや)
愛称:きたで、デーヤン
生年月日:1992年9月14日
出身:京都府
身長:180cm
体重:102kg
趣味:読書
好きな食べ物:粕汁
ポジション:フッカー(HO)
所属:サントリーサンゴリアス

日本代表・北出卓也はキャップ0

北出卓也選手は実はキャップ数は0

キャップとは各国の代表試合に出場した回数で、例えばW杯に3試合出場すればキャップ3となります。

キャップ数0でW杯日本代表入りは異例であり、サプライズ選出と言われていました。

北出選手は現在は堀江選手と坂手選手に次ぐ3番手の位置にいます。

驚くことにフォワード陣では唯一プロ契約をしておらず、サントリー横浜支店の営業マンなんだそうです。

2019年5月にはスーパーラグビーサンウルブズに招集されるなどしていますので今後はプロ契約を結ぶ可能性も…?

 

 

北出卓也の経歴は?

4兄弟の末っ子として京都市で生まれ、

父親がラグビーのコーチをしていたことから、

3歳頃からラグビーを始めています。

創設30年になる京都府京都市で活動する洛西ラグビースクールに加入。

もちろん父親がコーチを務めるスクールで現在も続けているそうです。

 

その後の経歴は以下の通りです。

中学校→京都市立西陵中学(洛西ラグビースクールの活動場所)

高校→私立・東海大仰星高校(偏差値57-63)

※高校時代には日本代表選手に選出されていました。

大学→東海大学

ちなみにJリーガーを目指しサッカーを4年間経験されていますがラグビーに戻ってきています。

 

2015年に大学卒業後にサントリーに入社しサントリーサンゴリアスに所属。

1年目から試合に出場し、2016年と2017年にはサントリーの日本一に貢献し、現在は主力選手の1人にまで成長しています。

おすすめの記事