アテネと北京オリンピックで金メダリストを獲得した内柴正人氏

準強姦罪で懲役5年の実刑判決を受け服役し全日本柔道連盟から永久追放処分を受けてしまいました。

 

しかし先日キルギス共和国の柔道連盟総監督に就任し5年5ヶ月ぶりに柔道界復帰のニュースが話題になりましたね!

 

そんな内柴正人氏について驚きのニュースが入ってきました。

報じているのは「週刊女性」

なんと再婚していたというのです!

さて再婚相手とはどんな人物なのか?

 

 

 

前妻とは2002年に結婚され2人の子供にも恵まれていましたが事件発覚後の2012年12月に離婚していました。

以前の結婚生活について気になる方は過去記事をどうぞ

 

2017年9月15日に仮釈放された内柴正人氏ですが結婚されたのは2018年春ごろだということなのです。

そして気になるどんな人物かというところですが、

どうやら元教え子だというのです!

 

再婚相手の元教え子とは?

報道によると、高校時代にインターハイで活躍するなどした女子柔道家で

内柴正人氏が2011年1月に九州看護福祉大学女子柔道部の客員教授に就任しました

当時高校生だったこの女性は内柴正人氏が指導すると聞きつけ、他県から九州看護福祉大学に入学してきたというのです

しかし、あの事件後は内柴正人氏から指導を受けることができず

感情をあらわにしていたという噂も

当時から恋愛感情に似たものもあったのか

服役後も度々面会に訪れていたようです

その後二人は恋愛関係に発展していったようなのです

 

 

 

元教え子の顔画像は?

一般人である元教え子の女性

残念ながら顔画像は流出していませんでした

 

柔道整復師の資格も取得!

内柴正人氏のサポートをするため専門学校に通い『柔道整復師』の資格を取得済みだと言います

 

柔道整復師とは?

打撲、捻挫、脱臼および骨折などの各種損傷に対して、外科的手術や投薬といった医療的手技を使用せずに、その回復を図ることを目的に施術を行う

引用元:Wikipedia

 

奥様もまたキルギスで生活をしており

子供はまだですが、できたならば日本に戻ってきたい意思があるようです