柳想鉄(ユサンチョル)|膵臓癌ステージ4。元韓国代表でW杯にも

サッカー元韓国代表で日本のJリーグでも活躍された柳想鐵(ユ・サンチョル)さんが

すい臓がん(ステージ4)であることを告白されました。

韓国国内では新聞各社が大きく報道しているようです。

柳想鐵さんとは一体どんな人物なのでしょうか?

 

 

柳想鐵 プロフィール

柳想鐵 PROFILE

名前:柳想鐵(ユサンチョル・유상철)
生年月日:1971年10月18日
出身:大韓民国ソウル市
身長:184cm

柳想鐵の経歴は?

元々は地元韓国でKリーグ蔚山現代FCに所属していました。

1998年にKリーグで得点王となり注目の選手に。

その後、1999年に横浜F・マリノスに加入し翌年のファーストシーズンで優勝を経験されています。

2001年からは柏レイソルに移籍し、2002年にヨーロッパへ進出することを目指しますが失敗。

Kリーグ蔚山現代ホランイを経て2003年に横浜F・マリノスに再加入。

この年はファーストステージとセカンドステージで完全優勝した年で柳想鐵さんは大活躍となりました。

現役引退は2006年のことで蔚山現代が最後に所属したチームとなりました。(膝の故障が原因)

また1998年と2002年にはワールドカップに出場し、2002年の日韓ワールドカップでは16人のオールスターチームに選ばれました。

 

 

現役引退後は指導者の道へ進み、

高校サッカー部の監督を経て大田シチズン、全南ドラゴンズの監督を経験。

現在は、Kリーグ1部の仁川ユナイテッドで監督をされていました。

 

 

スポンサーリンク

仁川ユナイテッドの公式発表をGOOGLE翻訳にかけてみた

愛する仁川ファンの皆さん、韓国サッカーを愛してくださるすべてのサッカーファンの皆さんこんにちは。仁川ユナイテッド監督ユ・サンチョルです。

まず、常に私たちの仁川ユナイテッドを惜しんでくださって選手たちに大きな声援を送ってくださるファンの皆さんに心から感謝の言葉を伝えて上げます。

私このようにファンの皆さんに挨拶を上げた理由は、いくつかの言葉との噂が豊かな私の健康状態について、今私が直接ファンの皆さんに言葉をささげという判断したからです。

私は10月中旬体に黄疸の症状が現れるなど異常兆候が発生し、すぐに病院を探して精密検査を受けた。そして検査の結果、膵臓癌4ギラは、診断を受けることになりました。

これは明らかに私にとって受け入れがたい診断でした。しかし、私はこれを受け入れなければならいました。私のために選手たちとチームに被害がされている様子を見せたくなかったからです。

初めてここで仁川の監督に就任したとき、私は仁川ファンのみなさんに「必ずKリーグ1の舞台に残留する」という約束をしたています。そして、私は城南遠征を終えて病院に向かう前の選手たちに「早く治療を終えてグラウンドに戻ってくる」という約束をしました。

後に、私は1次治療を終えて戻ってグラウンドに戻ってきて、選手たちに「私は約束を守った」と言いました。病院にいながらも、現場にいる時が一番良かったということを感じたようです。

今後も私引き続き治療を並行してください。私任務を尽くしと同時に、私たちの選手たち、スタッフたちと一緒にグラウンドの中でマッチし、私自身も肯定の力を受けようとします。

そしてファンの皆さんとした約束を守ろうとします。残り2試合に死活をかけてファンの皆さんが送ってくださった声援と関心に報いようと監督として最善を尽くしことをもう一度約束します。

サッカー関係者としてのプライドをかけて、私たち仁川のオールシーズンKリーグ1残留のために最善を尽くします。また、ファンの皆さんが最後まで私たち仁川を信じて応援してくださるように、私も最後まであきらめずに持ちこたえまた抱き合わせております。 「できる」は、肯定の力で病魔と戦って勝ち抜いております。

私を心配してくださって応援してくださるすべてのファンの皆さんに心から感謝の言葉を伝えて二万挨拶を与えるでござい。ファンの皆さんの健康と幸運が常に一緒にされることを願っています。ありがとうございます。

仁川ユナイテッド監督ユ・サンチョルドリーム

 

 

 

おすすめの記事