堀尾謙介選手が東京マラソン2019で

2時間10分21秒で日本人トップの5位を獲得しました。

黒ブチのメガネがトレードマークで現在は大学4年生です。

学生初の東京五輪の出場権をかけた大会への切符を獲得!

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)

へ挑戦することが決定しました。

堀尾謙介とは一体どんな人物なのでしょうか?

 

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)とは?

日本陸連は、2020年東京オリンピックのマラソンにおいてメダルを獲得するため、これまでの実績と課題を基に、オリンピックに向けた強化とリンクした新たな選考方法を実施します

2017年夏から「マラソングランドチャンピオンシップシリーズ(MGCシリーズ)」をスタート

引用元:http://www.jaaf.or.jp/mgc/

 

 

 

 

堀尾謙介 プロフィール

名前:堀尾謙介(ほりおけんすけ)

生年月日:1996年8月12日

年齢:22歳

出身:兵庫県姫路市

身長:183cm

体重:59kg

大学:中央大学

学部・学科:経済学部/経済学科

目標:最強のメガネランナーになる

 

姫路市立大白書中学校を経て、

高校は兵庫県の須磨学園高校に進学しています。

その後中央大学へ進学し、

箱根駅伝では高校2年生の時から

3年連続で第2区を走っています。

2019年の箱根駅伝では花の2区を中央大学のエースとして

3位でタスキをつなぎました。

タイムは1時間07分44秒で、

区間5位の記録を残しております。

 

ちなみにですが、

東海大学で箱根駅伝の6区を走った

ライバルであるはずの

中島怜利(なかしまれいり)選手と仲良しなのです!

1学年下ですが堀尾謙介選手のことを「ホリケン」って呼ぶほど。

 

 

実は中学校が同じということで、

東京マラソンで日本人トップになったこと、

MGC出場権獲得をツイッターで報告されています。

自分のことのように嬉しかったに違いありません。

 

 

 

自己記録

1500m→4分01秒84

5000m→13分33秒51

10000m→28分34秒54

ハーフマラソン→1時間01分57秒

 

堀尾謙介の進路は?

 

 

堀尾謙介選手の進路ですが、4月から・・・

なんと!!

大手自動車会社のトヨタ自動車に所属されます。

トヨタ自動車はニューイヤー駅伝2018・2019で

3位になっており、

11年連続で入賞している強豪です。

ちなみに東京マラソンで、

日本人1位の副賞はBMWが贈られます。

2019年4月からトヨタ自動車に入社しますが、

BMWで出社は厳しそうですね。笑

トヨタ自動車でもエース候補としてやっていくでしょう。

 

堀尾謙介の父親とは?

堀尾謙介選手を検索すると

『父親』というワード関連ワードで

浮上してきますが、一体誰なのか?

調査して見ましたが、

一般人ということもあり詳しい情報がございません。

 

 

 

 

堀尾謙介メガネ愛が半端ない

最強のメガネランナーになる

そんな目標がある堀尾謙介選手ですが、

目が悪い原因はもしかしてゲームのやりすぎ??

任天堂Switchを2台所有しており、

『スプラトゥーン』や『ポケモン』が好きなようです。

そのほか、

『シャドウバース』やスマホアプリ『モンスト』などにもハマっている様子です。

かなりゲーム好きだということがわかりました。

マラソン一筋!!

ではありますが息抜きも大事ですね。

 

おすすめの記事