『タイピング界の神』こと隅野貴裕さんが話題になっています。

隅野貴裕さんは、全日本タイピスト連合を設立した代表者です。

さてなぜ話題かというと、こちらです↓

 

ゴールデン進出であります!!

しかも番組は「嵐にしやがれ」です。

話題にならないはずがないですよね?

さて隅野貴裕とは一体どんな人物なのか?リサーチしてみます。

 

隅野貴裕 プロフィール

名前:隅野貴裕(すみのたかひろ)

生年月日:1982年11月26日

年齢:35歳(201811月16日現在)

出身:東京都小平市

血液型:O型

慶應義塾大学卒業後、

エジンバラ大学ビジネススクールというイギリスの大学へ留学しています。

イギリスでは『Ancient University』と呼ばれる6大学の中の1つで、

創立400年という長い歴史と伝統を誇るイギリス屈指の名門大学です。

天才ですね!!

 

 

 

毎日新聞主催のタイピング全国大会で6年連続優勝という経歴を持ち、

内閣総理大臣賞や総務大臣賞や東京都知事賞などを受賞された方です。

神の手を持つと言われる理由は、

なんと1秒間に24キーを打つことができるからです。

 

 

エクストリームタイピングがすごい

隅野貴裕さんのエクストリームタイピングがすごいと話題になっています。

隅野貴裕さんは世界各国でタイピングをしていますが、

海、山、川、空、砂漠など場所を選ばずタイピングをしていました。