Ads By Google


 

すごい勢いで成長をしてジュニアGP初参戦にして初優勝、

2戦目も優勝してグランプリファイナル進出を決めた

白岩優奈選手

非常に可愛らしい容姿で今後人気が出る可能性大の新星フィギュアスケーターです。

どんな選手なのか調査してみました。

 

白岩優奈 プロフィール

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11151017916

白岩優奈(しらいわゆな)(yuna siraiwa)

2001年11月26日生まれ14歳

身長 143cm

血液型 A型

出身 京都府京都市

コーチ 濱田美栄、田村岳斗、岡村治子

所属クラブ 京都醍醐FSC

趣味 読書

[blogcard url=”http://mst-affiliate.com/siraiwayuuna/″]

現在中学校に通う2年生です。

通っている中学校は京都市立大枝中学校ということです。

ジュニアGPシリーズで海外解説陣から「すごい才能!」と言われた白岩優奈選手ですが、

2014−2015年(昨シーズン)では全日本ノービスで4位、

全日本ジュニア選手権でSP27位でFSに進むことができませんでした。

 

初の国際大会ババリアンオープンのノービスクラスで2位入賞して,

初めて日本スケート連盟の強化選手に選ばれわけですから海外からしたら

突如現れた選手なのです。

白岩優奈選手のFSジャンプ構成は,

3Lz3t、3S3Lo,3F,2A,3Lo,3Lz2T2Lo,2A

というシニアでもトップレベルの構成です。

全日本選手権にも出場しますからとっても楽しみです。

今シーズンはなんといっても濱田門下が大活躍しています。

今までの濱田美栄コーチというと・・・・ジュニアまで・・・というイメージが強かったのです。

濱田コーチは基礎のスケーティングをしっかりと教えているのでスケーティングはうまくてもジャンプがレベルの上がるシニアでは通用しないことが多かったように思うのですが、今ではジュニア女子はハイレベル・・そこに救世主が!!!!

 


Ads By Google


 

それは…

 

田村岳斗コーチ!!!!!

 

このイケメン田村岳斗を入れたことによって,

濱田門下のジャンプ技術がグンっと上がったのではないでしょうか??

濱田門下の宮原知子選手の一時期回転不足に苦しんでいましたが,

田村岳斗コーチのジャンプ指導で今ではトップレベルで戦えるようになりました。

そして白岩優奈選手のSPの振付けは元アイスダンス選手のキャシー・リード選手が初めて振付けをしました。

アイスダンスの選手といえがばスケーティング技術は一級品。

キャシーにコンパルソリーを教わりさらにスケーティングが良くなり今回の大活躍に繋がったわけです。

 

ジャンプ前の助走も短く。エッジも深いのでPCSも伸びます。

国内よりも海外のジャッジの評価の方が高いようです。

まだまだ14歳という年齢から先は読めませんが、

4Sを練習しているって本当でしょうか!!??

故障なく成長していってほしいものです。

 

ちなみに田村岳斗コーチの教え子は、

宮原知子白岩優奈本田真凛など全日本に6人(女子)も

出ますからこのイケメンさんを拝める機会がたくさんありますね。

 

ぜひとも全日本で白岩優奈選手の照れ笑いインタビューまで放送して欲しいです。

なんとも京都出身らしい雰囲気が素敵です。(でも京都人なので胸の内は・・・!?

全日本選手権の前にスペインで開かれるジュニアGPFもあります。

白岩優奈

今シーズンプログラムは

SP 虹の彼方に

FS 悲しみのクラウン

韓国との関係は!?

出典:http://matome.naver.jp/odai/2144566216460717201

白岩優奈選手を検索すると『韓国』というキーワードが出てくるため、

なにか関係があるのかと思い調べてみましたが、

とくに在日韓国人だとかそういった情報は見つかりませんでした。

今のところ関係性はよく分からない状態です。

もし何か分かりましたら更新させて頂きます。

 


Ads By Google


 

最後までご覧頂き

ありがとう御座いました。

おすすめの記事