日本ゴルフ界で激震が走っています!!

20歳の若きプロゴルフプレーヤーが10年間の出場停止処分という重い処分をされました。

その処分をされた人物が斉藤拳汰選手です。

理由はみなさんご存知スコア改ざん。

10月13日に埼玉県熊谷市で行われた「太平洋クラブチャレンジトーナメント」の最終ラウンドで事件は起きました。

スコアを記録する同伴競技者が記入したのスコアを消しゴムで消し、実際は6打で回ったはずの1番ホールを5打と書き直します。

消しゴムで消せるようなスコアなんですね。ここにビックリです!

計2カ所が見つかり、計2打の過少申告をしたということ。

除名も検討されたそうですがまだ若いということもあり10年で済んだということ・・・。

なんてお恥ずかしい行為・・・。

プロとしての自覚が問われる行為ですね。

さて斉藤拳汰選手とはどんな人物なのか?

 

Ads By Google

 

斉藤拳汰 プロフィール

名前:斉藤拳汰(さいとう けんた)

生年月日:1997年5月17日

出身地:鳥取県

身長:175cm

体重:75kg

血液型:O型

趣味:音楽鑑賞

斉藤拳汰選手がゴルフを始めたのが5歳の時です。

師と仰ぐ父親の元でゴルフを始めたのです。

高校は?経歴は?

高校は鳥取県立緑風高校出身です。

2013年高校1年生の時に鳥取県ゴルフ協会推薦で出場したBSS全山陰選手権で見事優勝!

2014年には鳥取県アマチュアゴルフ選手権で優勝!

鳥取県では名の知れたアマチュアゴルフプレイヤーだったんです。

 

Ads By Google

 

高校2年生の時に中国アマ9位の成績をおさめ、日本アマ初出場します!本戦では2日間で1アンダーなど活躍していました。

高校卒業前の2016年1月よりツアープレイヤーに転向していたこともあり(現在はチャレンジツアー参戦)

将来を期待されるプロゴルファーだったのです。

ゴルフの用具や練習代、試合出場にかかる経費などかなりお金が必要と聞きます。

子供をプロゴルファーにするためにかかる費用は6千万円〜7千万円と言われていますので、

裕福な家庭で育ったと思われます。

しかし、あまり目立った活躍が出来ずに悩んでいたと言われておりスコア改ざんで少しでもいい結果に見せようとしたことが原因と思われます。

対戦している相手も活躍したいという意思でゴルフをしているわけですから相手のことを考えたらこんな恥ずかしいことはできないはずです。

今後はどのような道に進むのか?ゴルフをし続けるのか?でも10年は長すぎますね・・・。

 

Ads By Google