片山来夢が平昌でメダル獲得への夢!父親の職業や名前の由来は?

平昌オリンピック盛り上がっていますね〜。

注目のハーフパイプも平野歩夢選手が大技を温存して3位で決勝進出ということで金メダルも夢ではないですね。

絶対王者ショーンホワイト選手に勝って欲しいです!!

ところで前回のソチで銅メダルを獲得した平岡卓選手は予選敗退・・・。

残念でした。

そんな中、予選5位で決勝進出が決まった片山来夢選手!

知っていますか?

かたやまらいぶって読むんですよ。

片山来夢選手もメダルに手が届きそうです。

さて片山来夢選手についてリサーチしてみましょう。

 

【Ads By Google】

 

片山来夢 プロフィール

生年月日:1995年5月4日

年齢:22歳

出身:静岡県焼津市

血液型:A型

身長:164cm

体重:60kg

スポンサー:BURTON、戸﨑グループなど

静岡県焼津市で生まれご両親の影響もありスノーボードに興味を持ち始めたのは3歳の頃。

最初のうちは父親に抱えられ滑っていたが4歳の時にはスイスイ滑っていたそうです。

地元近郊ではスノーボードを満足に楽しめる環境がないということで5歳の頃から12歳頃まで毎年冬休み、春休みは父親の知人に紹介された岐阜県の民宿で生活し、スノーボード練習をしていました。

ちなみに、8歳でカナダのウィスラーにスノーボードを練習をしたという情報が。

ここで出会ったのが、ソルトレイクオリンピックでハーフパイプ女子日本代表選手となった橋本通代氏。

24歳でスノーボードを始め30歳の時にオリンピック出場し決勝まで残った遅咲きの選手です。

この出会いが片山来夢選手に大きな影響を与えたそうです。

その後、片山来夢選手は小学6年生で本格的にハーフパイプ競技を始め、中学校は愛媛の重信中学校へ進学。

住んでるのは静岡県じゃなかった?

 

【Ads By Google】

 

なんと単身で国内最大級の室内ゲレンデ「アクロス重信」がある愛媛県にスポーツ留学という形で移り住みます。

中学校卒業後は愛媛県の東温高等学校へ進学しています。

そして、19歳でプロの道へ進みます。

幼い頃からスノーボードの英才教育を受けてきた片山来夢選手の戦績はこちらです↓

2014年 日本選手権優勝
2015年 ワールドカップカードローナ大会優勝
2016年 日本選手権優勝
2017年 USオープン5位

父親はスノーボーダー!?

父親は現在何をしている方なのか?

片山来夢選手を幼い頃からスノーボードに連れて行ったこともありスノーボーダーなのでは?と思った方も少なくないはず。

調べてみると一般会社員であることがわかりました。

お名前は渉(わたる)さんでした。ちなみに母親の名前は昌代さんです。

勤務先は戸﨑建設という建設会社で働いているそうです。

そんな縁もあって戸崎建設は戸塚グループとして片山来夢選手をサポートしていくことを2017年4月に決め、

スポンサー契約を結びます。

契約金は年間100万円です。

兄弟はいるの!?

妹がいます。

名前は詞惟ということです。

また読み方が難しいですね・・・。詞惟(しい)と読むのでしょうか?

現在何をされているか情報がありませんでしたがスノーボード競技者で検索しますが名前が出てきませんでした。

 

【Ads By Google】

 

 

『来夢』名前の由来は!?

来夢という名前の由来についてですが、そのままです。笑

「夢が来る」ようにという願いを込めてご両親が名付けたそうです。

片山来夢選手の夢!間違いなく「オリンピックで金メダル獲得」でしょう!!

2018年2月14日決勝で表彰台に立つ姿をむることができるのでしょうか!?

期待しましょう!

 

おすすめの記事