新保海鈴|父親はあの田中隼磨!高校が判明。セレッソ大阪に加入

モデルのMALIA(マリア)さんの長男がJリーガーになったと話題になっています!!

長男の名前は新保海鈴選手。

読み方は新保海鈴(しんぼかいり)でした。

結果が全てのサッカー。

コネなど一切なくJリーガーとしてデビューすることになった新保海鈴選手の実力は間違いありません。

新保海鈴選手についてリサーチしてみました。

 

 

新保海鈴 プロフィール

新保海鈴 PROFILE

名前:新保海鈴(しんぼかいり)
生年月日:2002年8月16日
出身:東京都
身長:171cm
体重:64kg
職業:プロサッカー選手
ポジション:FW(フォワード)
所属:セレッソ大阪

新保海鈴のサッカー経歴

柏U―12、柏U―15でプレーしていた過去があり、ローランド様と同じ経歴だと話題になっています。

出身高校は大阪にある大阪学芸高校(偏差値:45-64)です。

東京から大阪へ“サッカー留学”し寮生活をされています。

 

 

実は大阪学芸高校は、セレッソ大阪のホームスタジアムまで直線距離で約300mという近さで、

「オフィシャルパートナー契約」を締結しています。

大阪の育成部門であるセレッソ大阪U―18でプレーし、

現在はJリーグの公式戦に出場可能な2種に登録されておりこれからの活躍が期待される若手なのです。

新保海鈴の母親・MALIAとは?

MALIAさん(本名:新保 真里有)は、これまでに4度結婚し、

そして4度の離婚をされています。

 

1人目…田中隼磨(プロサッカー選手)

2人目…山本KID徳郁(格闘家)

3人目…佐藤優平(プロサッカー選手)

4人目…三渡洲舞人(モデル)

 

一般的に一度離婚するとバツ1、2度目の離婚でバツ2とバツの数が増えていきます。

ところがMALIAさんの場合にはバツ×ではなくマル◯なのです。

離婚自体ネガティブには考えておらず、いたって前向きです。

MALIAさんはパキスタン人の父親と日本人の母親のもとに生まれ、

14歳の時にモデルとしてデビューし数々のファッション雑誌で活躍されました。

 

2001年に田中隼磨選手と最初の結婚をし2002年に(第1子)が誕生しています

2004年に離婚をしシングルマザーとなりますが、

2005年に格闘家で故・山本KID徳郁さんと再婚

次男(第2子)と長女(第3子)を授かりますが2009年に2度目の離婚

2015年に当時、横浜F・マリノスに所属していた佐藤優平選手(現在は東京ヴェルディ)と結婚

しかし、佐藤優平選手との間に子供はいません

2017年に3度目の離婚を発表しますが、同年4度目の結婚を発表

お相手はモデルの三渡洲舞人さん(元東京ヴェルディ)

2018年に三男(第4子)を授かりますが、2019年に離婚をされていました

MALIAさんに対してバッシングなどもあるようですが、

子供達は4人は仲良く生活されている様子がInstagramからわかりますので、しっかりと育児されたのでしょう。

美女モデルは今や立派なスーパー母ちゃんだったのです。

 

 

 

新保海鈴の父親は誰!?

さて本題ですが、新保海鈴選手の父親は1人目の田中隼磨選手です。

田中隼磨選手は結婚当時、横浜F・マリノスに所属しており日本代表としても活躍されていました。

 

田中隼磨 PROFILE

名前:田中隼磨(たなかはゆま)
生年月日:1982年7月31日
出身:長野県松本市
身長:174cm
体重:64kg
職業:プロサッカー選手
ポジション:MF/DF
所属:松本山雅FC

 

現在は、再婚し2男1女と妻とともに生活されていました。

 

 

 

 

おすすめの記事