TBSの「有吉ジャポン」に出演した

異色肌ギャルのリーダーmiyakoがが話題になっています!!

インパクトのある肌色はもちろん、その独特のファッションでも周りを圧倒する異色肌ギャル。

肌が緑でも写真を見ると意外にかわいい顔をしているmiyako。

そんな彼女についていろいろ調べてみました!

 

Ads By Google

 

miyako プロフィール

 

#異色肌ギャル #ishokuhada #カブハロ

miyakoさん(@miyako_999)がシェアした投稿 –

生年月日:1990年10月9日

血液型:O型

出身地:東京都

身長:154㎝

スリーサイズ:B89㎝-W60㎝-H90㎝

 

経歴まとめ

ざっとmiyakoの経歴をおさらいしてみましょう。

2012年グランドプロダクションという事務希望で応募したところスカウトされました。そこで赤根京(あかねみやこ)として活動を開始。

そして女子演劇ユニット「KU.RO.FU.NE PROJECT」に参加、舞台「すべての女に嘘がある〜少女、剪定〜」で役者としてデビュー。

「肩もみ専門店 カタモミ女子」に配属となり、肩もみを普及するアイドル「カタモミ女子」の一員となります。

2014年に「奴隷区 僕と23人の奴隷」「麻衣ちゃんの日常」といった映画にも出演しています。

2015年末に事務所を辞めてしまいます。理由がなんと”気が付いたら自分以外のメンバーがみんなセクシー女優になっていた”から。すごい理由…。

 

#ahegao

miyakoさん(@miyako_999)がシェアした投稿 –

この年から異色肌ギャルを始めています。

2016年8月に赤根京としての無期限に活動を停止することを発表。

2017年4月には夢川エマという名前で、自身もセクシー女優としてデビュー。1回だけ作品に出ています。

2017年にはmiyako名義で仕事を始めます。現在はモデル、ライター、DJ、異色肌プロデューサーとして活躍しています。

「オタクがオタクとして社会で生き抜くためのライフハック」という記事を連載中です。老舗VAPE(電子タバコ)のモデルにも抜擢されました。

10月25日に発売となったGENERATIONSのニューシングル「BIG CITY RODEO」のMVにも異色肌ギャルとして出演しています。

 

Ads By Google

 

本名は?素顔は?スッピン画像は?

miyako の本名は何というのでしょうか?気になりますよね。

はっきりしたことはわかりませんでしたが、活動を始めた時に使っていた名前「赤根京」ではないかと思われます。

現在の異色肌ギャルとして活動する前の画像は多く出回っていますから素顔も簡単に出てきますね。

こちらが↓素顔の画像です。

 

スッピン画像っぽいものも発見しましたので載せておきますね。

セクシー女優だった?

miyakoは今の名前になる前に、様々な活動をしていました。

そのうちの1つがセクシー女優。

この当時の名前は夢川エマ。

しかし夢川によると、赤根京とは”違う世界線の人物”なのだそう。

ということで、1回だけの出演ということになったようです。

ちなみにタイトルは、『 夢川エマ 本番解禁』でAmazonで2017年4月1日に発売していました。

って最近のものじゃないですか!!

 

 

カップサイズは?

 

miyakoさん(@miyako_999)がシェアした投稿

異色ギャルとしてTwitterに写真を上げていますが、かなり胸が大きいようですが、カップサイズはいくつなのでしょう?

スリーサイズはB89㎝-W60㎝-H90㎝というグラビアモデル並みのボディー。

もともとグラビア活動をしていたということもありすごい体ですね。

カップサイズは公表されており、Fカップということでした。

赤根京としてはGカップ→夢川エマとしてはHカップで公表していました。

グラビア時代に少し盛ってセクシー女優時代で多めに盛ったのかな?と思われます。

素顔が童顔で小柄なのですが、胸のサイズが大きいのが目立ちますね!

これからもmiyakoに、そして異色肌ギャルの活躍に注目していきましょう。

 

Ads By Google