ピアノ|藤田真央の父親・全健さんは医師だった。母親はピアニスト?

おはようございます。
PZRです( ´ ▽ ` )

世界3大コンサートの一つで、
4年に一度しか開催されない
「チャイコフスキー国際コンクール」
のピアノ部門に出場した藤田真央さんが第2位となりました!
おめでとうございます。

さて藤田真央さんとは一体どんな人物なのでしょうか。

 

 

藤田真央 プロフィール

藤田真央 PROFILE

名前:藤田真央(ふじたまお)
生年月日:1998年11月28日
年齢:20歳
職業:ピアニスト
所属事務所:ジャパン・アーツ

ピアノを始めるきっかけ

3歳からピアノを始めていますが、
それ以前の1歳の時から音楽の基礎や潜在能力を引き出すため、
リトミックをされていました。

最近では、効果が実証されてきて
幼児リトミックが結構流行っているんですよね。

ピアノを始めるきっかけとなったのは、
兄の理央さん。
兄とは12歳ほど歳が離れていましたが、見様見真似で鍵盤に触れたのでした。
小学1年生の時には全国大会のコンクールで1位を獲得していました。

藤田真央の名前が世界の知れ渡ったのは、クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクール優勝でした。
若干18歳という年齢で、さらに日本人では3人目の快挙だったのです。

 

2018/2019シーズンは、「横浜市招待国際ピアノ演奏会」、Bunkamura 30周年記念企画「クラシック・ロシア by Pianos」、「トッパンホール ニューイヤーコンサート」などのガラ公演に出演した他、完売になったヤマハホールのリサイタルは「聴く喜びを生む 新星の美しい音色」と評された。
2018年10月には、スイス、並びにパリのルイ・ヴィトン財団主催New Generationシリーズに招かれ演奏。
2019年3月には、カーチュン・ウォン指揮/読売日本交響楽団とラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番、秋山和慶指揮/東京交響楽団とジョリヴェ:ピアノ協奏曲「赤道コンチェルト」を共演し、高い評価を得た。

今後は、飯守泰次郎指揮/東京シティ・フィルとベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」、小林研一郎指揮/日本フィルハーモニー交響楽団とチャイコフスキー:ピアノ協奏曲、モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番を共演。

藤田真央の両親とは?

父親の名前は全健さん

引用元:http://matsui-clinic.jugem.jp/?eid=4015

全健さんは、内科医専門の医師でした。
所属学会は日本内科学会、日本循環器学会、日本精神神経学会だそう。
松井クリニックに勤務されていたということが判明しました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

松井クリニックさん(@ksya.m3)がシェアした投稿

メディアにも登場する
松井クリニックの院長は有名医師の「超熱血ドクターM」

仲睦まじく2ショット写真をUPしていました。
「スーパードクターF」という愛称で親しまれていたようです。

全健さんが現在は何をされているのか調べて見たところ、

担当医師が前任の藤田全健先生より午前9時~12時の「午前」の外来は、昭和大学横浜市北部病院循環器内科講師 ドクターIこと磯村直栄先生、午後3時~6時の「午後」の外来は、昭和大学横浜市北部病院循環器内科助教 ドクターIこと井川渉先生のWドクターI体制にしました。

松井クリニックを辞めてしまった可能性があります。
長野県上田市にある柳澤病院のHPに全健さんが紹介されていますが、
過去に上田市で真央さんが6年間父親の仕事の都合で勤務されていたようですので、
更新されていないだけなのか?上田市で現在勤務されているのか?

全健さんと真央さんの仲は良好のようです。

母親の名前は純子さん

素顔こそ特定できませんでしたが、
母親がピアニストの可能性があります。
有名なピアニストに「藤田純子」さんという方がいらっしゃいますが、
まさかこの方??

藤田真央の学歴は?

この投稿をInstagramで見る

Mao Fujitaさん(@maof1128)がシェアした投稿

真央さんの出身中学は埼玉県にある
インターナショナルスクールの「コロンビア インターナショナルスクール」でした。

高校は、東京音楽大学附属高等学校(偏差値52)

特別特待奨学生で東京音楽大学に入学しており、
現在は大学3年生です。

 

 

 

おすすめの記事