植村花菜|現在結婚し息子がいた。旦那の清水勇博とは?拠点はNYだった!

『トイレの神様』で大ヒットしたシンガーソングライターの

植村花菜さんが話題となっています。

ブレイクから9年…

植村花菜さんの現在についてリサーチしてみました!!

 

 

 

植村花菜 プロフィール

植村花菜 PROFILE

名前:植村花菜(うえむらかな)
本名:清水花菜(しみずかな)
生年月日:1983年1月4日
出身:兵庫県川西市
所属:クリアスカイコーポレーション

8歳の時にミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』をみたことがきっかけで歌手の道を志すことに。

大阪府豊中市にある私立の女子校である梅花高等学校を卒業し、

大阪スクールオブミュージック専門学校に進学されています。

2002年1月、19歳の時に独学でアコースティック・ギターを学び、

作詞・作曲も開始。

曲作りを始めて2週間でオリジナル曲を完成させ路上ライブすることも。

2002年には『服部良一記念大阪音楽祭 ザ・ストリートミュージシャン・グランプリ’02』で1200組のアーティストの中から見事グランプリを獲得。

2005年に「大切な人」でキングレコードからメジャーデビューされました。

2010年に「トイレの神様」が大ヒットし第43回日本有線大賞有線音楽優秀賞受賞されています。

さらに2010年の第61回NHK紅白歌合戦に出場を決め時の人となっていました。

あれから9年の月日が流れ植村花菜さんは一体何をされているのでしょうか??

 

 

植村花菜が活動拠点をNYに

2012年に活動拠点をアメリカへ。

ロサンゼルスからニューヨークまでストリートやライブハウスで歌を歌いながらアメリカ大陸を横断しています。

 

旦那の清水勇博とは?

アメリカ大陸横断中に出会ったのが現在の旦那さんです。

当時ニューヨークで活動されていたバンド「Indigo Jam Unit」のメンバーで、

ジャズドラマーの清水勇博さんです。

清水勇博さんは1983年3月27日生まれで兵庫県出身です。

同じ年齢で同じ出身地であることで2人の仲はグッと縮まり交際期間わずか7ヶ月で結婚に至ったのでした。

 

甲南中学入学と同時に学校のビッグバンドのクラブに入りドラムを始める 2005年、横浜プロムナードコンペティションでは西山瞳trioでグランプリ、 個人では洗足学園大学賞を受賞。 現在はindigo jam unit、西山瞳trio parallax、木畑晴哉trio、清水勇博trio,soloなど 関西を中心に活動中。

2015年1月27日には第一子の長男が誕生し、
幸せな家庭を築いていました。

 

植村花菜の現在は?

植村花菜さんは現在は『Ka-Na』として活動しています。
ニューヨークで生活されていますが、日本での仕事も多く度々日本に戻ってきています。
最近では日本語と英語の歌詞『Happiness』をリリースされています。

 

 

おすすめの記事