「週刊新潮」に、草刈正雄の長女、紅蘭の交際についての記事がありました。

紅蘭の彼氏であるラッパーのRYKEY(リッキー)はかなり問題あり!

ということで批判が集まっています。

 

このニュースで初めて名前を聞いた人も多いであろうRYKEYですが、いったいどんな人なのでしょうか?

RYKEYについて色々調べてみました。

 

Ads By Google

RYKEY プロフィール

 

RYKEYさん(@___rykey___)がシェアした投稿

名前:RYKEY(リッキー)
生年月日:1987年12月12日
出身:東京都八王子市
職業:ラッパー

経歴まとめ

まだwikiのページがないRYKEYですが、経歴について調査してみました。

1987年、東京都八王子市生まれのRYKEY。

父親が日本人、母親がケニア人でハーフということになります。

本名はわかりませんでしたが、母親の苗字がKATONAだそうです。

中学2年生の時に地元ギャング「八王子クリップス」の一員になりました。夜に家から抜け出してみた”キラキラした世界”にあこがれたのだそう。

17歳の時に八王子のクラブで先輩のライブを見て、「俺でもイケるんじゃねぇか」と思いラップを始める。

2008年有名プロデューサーJIGGと出会い、アルバムを出す話がまとまる。

2010年アルバムを制作中に刑務所へ入ることとなる。どうも強盗致傷で2年近く服役していたようです。

2012年自分のルーツを探りに、母の故郷ケニアへ1年滞在。

その後、2014年アルバムの制作に取り掛かり、ラッパーとしてデビューしたのは2015年6月3日。デビューアルバムは「Pretty Jones」、同じ2015年11月18日にセカンドアルバム「Amon Katona」をリリース。

2015年ころから紅蘭と交際がスタートしたのですが、2016年に逮捕され再び刑務所へ。

2017年7月頃に出所、活動再開。

 

かましてきます。 #rykey #walk #manhattannight #渋谷duo

RYKEYさん(@___rykey___)がシェアした投稿 –

2017年11月10日にタワーレコード渋谷店 6Fでライブが行われる予定です。ライブの告知も本人がツイートしています。

…経歴を見ると、父親の草刈正雄が紅蘭とRYKEYの交際に反対するのも、なんだかわかるような気がします。

 

Ads By Google

 

逮捕の理由は?2度逮捕されていた!

2010年アルバムを制作中に刑務所へ入っていたという情報がありますがどうやら強盗致傷で2年近く服役していたようです。

さらにその後逮捕されているようで、

2016年7月14日にツイートして以降ツイートがなかったのです。

実はこの頃から逮捕され服役していたのです。

2度目の逮捕理由は何でしょう?

紅蘭さんによると、逮捕は2016年7月。些細なことで喧嘩になり暴力を振るわれ、紅蘭さんはこれを1人で警察に相談に行きました。

その翌日にRYKEYは暴行容疑で逮捕され、その後警察で行われた検査で薬物反応が出たということで◯せい剤使用容疑でも逮捕。

この時のことについて、紅蘭はショックでしたが「私が支えてあげなきゃと思った。」とコメントしています。

本当にRYKEYに夢中なんですね…。

ただ一度暴力を振るったということはまたやりかねないですね・・・。

紅蘭と結婚の可能性は?

2年近く付き合っているRYKEYと紅蘭。

結婚はあるのでしょうか?

以前紅蘭がAbemaTVの番組に出演した時に、「結婚を前提にしか付き合わない!」とコメントしています。

このコメントからすると、RYKEYとも真剣交際していると考えられますね。

結婚について最近こんなことをコメントしています。

「願望がないわけじゃなく、いずれはしたいです」

世間のコメントは厳しいですが、ほとぼりが冷めたら結婚することも考えられます。

また、RYKEYは出所して間もない頃こんなツイートをしています。

生まれ変わったRYKEYを紅蘭や紅蘭の両親は受け入れてくれるのか??

紅蘭の足に書かれたタトゥーの意味は?

 

紅蘭さん(@kurankusakari)がシェアした投稿

紅蘭の足にはがっつりとタトゥーが入っています。

テレビなどでは隠すようにしているようですが、SNSでは足にタトゥーを入れたことは隠していません。

2015年に弟の草刈雄士さんを亡くしている、紅蘭。

その弟が大好きだったNYに行って、弟の顔を彫ってもらったのだそう。

かなり写真に忠実に、弟さんの顔のタトゥーが右足首近くに入っています!

弟さんへの愛が感じられるエピソードでしたね。

RYKEYが逮捕されても付き合っているのは、

弟とRYKEYが似ている部分があるのかもしれませんね。

 

Ads By Google