号外です!!

山口真帆の強襲事件に関わったとされるメンバーが1名いたと発表されました!!

 

NGT48の運営はがついに沈黙を破ったのです。

当初メンバーで関与している人物はいないと公表していたはずの運営が一転して関与した人物がいたと発表したのです。

さらに再発防止策に『防犯ベル』・・・。

運営の炎上が止まりません。

 

 

 

 

NGT48の運営の発表

関与したメンバーとは?

▼NGT48メンバー

▼名前は非公表

▼男から道で声をかけられ、帰宅時間を伝えた

 

※共犯者について警察が男2名の携帯電話の通話履歴などを調べたメンバーとの関わりは見つからなかったとのこと

実行犯の男2名の携帯の通話履歴は削除もできるので、削除歴なども調べる必要があったはず。(どこまで調べたかは不明)

すでに釈放され野放しになっています。

 

たまたま会った知らない男に帰宅時間を教える意味は?

帰宅時間だけとのことだが、自宅を知っていたのであれば、だいたいの帰宅時間は把握できたはず。

はっきり言うと、協力したとしか思えない

 

再発防止策を発表

■全メンバーへの防犯ベル支給

■各自宅への巡回等の対策を徹底

■事件に関わった3人の男性を永久出禁にした

 

防犯ベルでの再発防止とは

この防犯ベルでの対策が波紋を呼んでいます


ついにグループ内からも運営に対し疑問の声

 

防犯ベルの正しい使い方

2個セット防犯アラーム 防犯ブザー LEDライト付き 大音量 140db子供/女性/老人などに適応 誘拐防止・防災・救助・救援 ベルアラーム (ブルー + パープル)

お子さんに防犯ベル(防犯ブザー)を持たせるお父様、お母様。

使い方を意外と知っているようで知らない場合があります。

ロック解除してただ鳴らすだけでしょ!?

違います。

その後の行動が重要になります!!

例えば悪い大人が近づいてきて子供がブザーを鳴らします。

もしそのブザーをお子様が手に持っていた場合やカバンにぶら下げていた場合、

多分大人だったらそのブザーを簡単に破壊するでしょう。

破壊されたブザーは音がならなりただの壊れたスピーカーでしかありません。

 

ではどうすればいいのか!?

 

自身から遠ざけるというのが正しい使い方です。

 

つまり防犯ブザーを投げてしまえということです。

悪い大人はその大きな音を消すためにそちらに向かうはずです。

その好きに逃げるようにしましょう。

 

ブザー鳴らす→外す→投げる→逃げる

 

もしカバンについていたのであればそんな重いカバンごと投げ捨てて逃げてください。

もちろん大声出しながらですよ。

 

山口真帆は防犯ベルで犯人を撃退できたのか?

 

申し訳ございません。

脱線してしまったようですが、実際に再発防止策の『防犯ベル』で山口真帆さんは犯人を撃退できたのだろうか?

結論から言うと不可能に近いでしょう。

 

山口真帆さんが自宅に帰宅し玄関のドアを閉めようとした瞬間、

男の手が伸びドアを無理矢理に開けられました。

ヤバイと感じた山口真帆さんは叫んだが、

顔を掴まれ(口を抑えられ)押し倒されそうになった。

さらに向かいの部屋(NGT48メンバーの部屋)から男性がもう一人現れ同じく押し倒そうとした。

その際に携帯を奪われた

もし防犯ベルがあったとしても、室内で鳴る防犯ベルに誰が気づくのか?

また2人がいたのでは、もう一人が身体を拘束しもう一人が防犯ベルを止めるはず。

また突然のことで気が動転して防犯ベルに手が届いたかも疑問。

果たしてこの防犯ベルが再発防止につながるのか?

しかもこれを公表したのであれば、犯人は防犯ベルの存在を間違いなく知った上での犯行になる・・・。

運営側に不満を持つファンは増える一方ではないでしょうか?

まずは犯人に協力したとされるメンバーに対して公表しないまでもなんらかの処分がないと今後も同じことが起きるであろう。

 


 

 

最後まで閲覧ありがとうございました