三浦基裕(みうらもとひろ)市長が窮地に立たされているようです。

新潟県佐渡市両津港付近で発生した、ジェットフォイル衝突事故。

クジラらしきものと衝突し、負傷者が80人も出てしまいました。

救助活動がおこな割れていた現場にはもちろん市長が・・・

出向いていなかったようです。

これが市議会で問題となり、

辞職を求める声が上がっているんだそうです。

辞職はしない意向を示しているそうですが、

さて何をしていたか?

 

懇談会に参加されていたとか。

さらに酒まで口にしてしまったというから叩かれそうですね。

 

 

 

三浦基裕市長ってどんな人物?

生年月日:1957年3月17日

年齢:61歳(2019年に62歳)

出身:新潟県佐渡市

 

新潟県立佐渡高等学校(現在・偏差値52)を経て、

上智大学へ進学。

学部は文学部新聞学科でした。

大学卒業後は、日刊スポーツ新聞社に入社。

プロ野球の担当記者を務めました。

 

その後は、出世街道に乗り以下の役職に就かれていました。

 

▼編集局スポーツ部長

▼野球部長

▼写真部長

▼システム開発部長

▼編集局長

▼電子メディア局長

▼取締役労務

 

 

長年の功績が認められ、

2009年6月には日刊スポーツ新聞社代表取締役社長に就任されます。

2011年6月に日刊スポーツ新聞社を退職。

2012年5月から一般財団法人佐渡市スポーツ協会常務理事就任し、

半年ほどで退職されています。

 

2016年4月に無所属で佐渡市長選挙に出馬し、

現職の甲斐元也氏を抑え初当選されています。

59歳の時のことでした。

 

 

昨年11月には防災訓練もされたばかりでした・・・。

いざという時に指揮をとれる市長を

市民は望んでいることは間違い無いでしょう。

 

 

ちなみに佐渡市で以前発生した北朝鮮拉致事件には、

尽力されている三浦基裕市長です。

現在、取り沙汰されているこの問題どう解決していくのか?

注目が集まりそうです。