W杯ロシア大会で日本16強入りおめでとうございます!!

惜しくもFIFAランク3位のベルギーに敗れ8強入りは逃しましたが、

素晴らしい活躍でした!

そして西野監督も素晴らしい采配を魅せてくれたと思います。

さて時期監督に注目が浴びせられていますが、

前ドイツ代表監督クリンスマン氏決定的

という情報を発見しました!

さてクリンスマン氏とは一体どんな人物でしょう??

 

ユルゲン・クリンスマン プロフィール

生年月日:1964年7月30日

年齢:53歳

出身:旧西ドイツ・ゲッピンゲン出身

身長:181cm

体重:73kg

現役時代ポジション:センターフォワード

現役時代の活躍(クラブチーム)

 

シュツットガルト時代の1987~1988年シーズンでにブンデスリーガ得点王の輝き、

その後、インテル→モナコ→トットナム→バイエルンミュンヘン→サンプドリア→トットナムと強豪クラブチームで活躍しています。

クラブ名シーズン出場試合数得点
シュトゥットガルト
1984-1989
15679
インテル
1989-1992
9534
モナコ
1992-1994
6529
トットナム
1994-1995
4120
バイエルン
1995-1997
6531
サンプドリア
1997-1998
82
トットナム
1997-1998
159

クラブ国際大会のUEFAカップでは2度の優勝、ドイツ・ブンデスリーガ優勝など経験しています

 

 

現役時代の活躍(ドイツ代表)

 

1988年ソウルオリンピックで銅メダル獲得に貢献し、

ドイツ代表としてWカップに出場したのは3大会

初めて出場した1990年W杯イタリア大会では 7試合に出場 3得点をマークし、W杯優勝に貢献しています。

1994年W杯アメリカ大会では5試合に出場5得点の活躍でベスト8に貢献

1998年W杯フランス大会も同じくベスト8で5試合に出場し 3得点を挙げています。

またUEFA欧州選手権1996では優勝を果たすなど、

長期に代表キャプテンとしてチームを引っ張り、ドイツ代表として出場した試合数は108試合で通算47得点です。

ドイツ年間最優秀選手賞に2度選ばれた記憶に残る選手でした。

監督としての活躍

現役を引退したのは1998年のこと

2004年にドイツ代表監督に任命され、2005年FIFAコンフェデレーションズカップ で3位 、2006年W杯ドイツ大会で 3位 に導いています

その後、クラブチームのバイエルン・ミュンヘンの監督を経て

アメリカ代表監督に就任(2011年〜2016年)。

2014 W杯ブラジル大会出場に導き、ベスト16入りするなど功績を残しています。

そして2018年日本代表監督に!?なる可能性が出てきているのです。

年俸200万ユーロ(日本円で約2億6000万円)で話がまとまっていると言われている。

結婚はしている!?

1995年にアメリカ元女優「デビー・チン」という方と結婚しています。

2児の父親で息子はなんと・・・

ユルゲンクリンスマンの息子もすごい!

ユルゲンクリンスマン氏には息子がいるのですがなんとサッカー選手!

しかも日本代表MFの原口元気選手が所属するヘルタ・ベルリンのGKというから驚きです。

名前は、ジョナサン・クリンスマン

現在の年齢は20歳でカリフォルニアで生まれ育たっためドイツ代表ではなくアメリカ代表です。

まぁ2重国籍かと思われますがドイツの正ゴールキーパーになるのはかなりの実力がないと無理でしょう・・・。

アメリカU20ので守護神としてFIFA U-20W杯韓国2017に出場しベスト8入りに貢献しています。

 

 

 

 

おすすめの記事