2002 FIFAワールドカップ優勝に導いたブラジルサッカー界の国宝!

スペインのバルセロナでメッシとチアゴと共に黄金時代を築いた

そう!ファンタジスタこと、ロナウジーニョですね。

 

 

 

 

 

ロナウジーニョの息子とは?

その息子が話題となっているのです。

14歳のジョアン・メンデスはこの度、

ブラジル国内最高と言われるクルゼイロECとプロ契約を結びました!!

(右)ジョアン・メンデス

身長はなんと…

178cm(成長中)

2018年5月にU-13の入団テストは父親の名前を隠して受けておりますので実力は間違いありません。

親の七光りは使っていませんので実力は十分です!!

契約期間は20歳になるまでとのことですので6年間となりますかね。

プロとして試合デビューするまで今しばらくお待ちいただきたい!!

ジョアン メンデス(Joao Mendes)の動画はこちら↓

 

本名は、ジョアン・メンデス・デ・アシス・モレイラ

 

 

 

これまではクルゼイロEC・U-14に所属していたがプロ契約を結んだのです。

トップチームに昇格も近いと言われています。

生年月日は2005年2月22日でブラジル・リオデジャネイロで生まれました。

クルゼイロは若きロナウジーニョが現役時代に

在籍したアトレティコ・ミネイロとライバル関係にある。

実の父親、ロナウジーニョとの関係がどうなのか??気になるところです。

 

母親は誰なのか?

 

プリシラ・コエルホビアトリス・ソウザという2人の女性と

事実婚状態だと現在海外では報じられていますが、

この2人の子供ではなく以前に交際していた

ダンサーのジャナイナ・ナティエレ・メンデスが母親です。

 

 

 

 

おすすめの記事