新型コロナウイルス感染症でまた著名人がなくなってしまいました。

大蔵流狂言師の善竹富太郎さんです。

年齢はなんと40歳でした。

高齢者が重症化するという話は今となっては過去の話…。

衝撃のニュースとなった善竹富太郎さんの訃報ですが、

善竹富太郎さんとは一体どんな人物なのでしょうか?

リサーチしてみました。

 

善竹富太郎さん プロフィール

 

善竹富太郎 PROFILE

名前:善竹富太郎(ぜんちくとみたろう)
本名:茂山富太郎(しげやまとみたろう)
生年月日:1979年8月10日
職業:狂言師

善竹富太郎さんの経歴

【出身大学】 学習院大学

善竹富太郎さんの家系は代々、狂言師として受け継がれています。

曾祖父の善竹弥五郎氏は狂言界で初の人間国宝となった人物です。

善竹弥五郎氏の孫の善竹十郎氏(善竹富太郎さん父親)に

3歳から狂言を習い始め5歳の時には狂言「靭猿」で初舞台を踏むことに。

父である善竹十郎氏に師事(重用無形文化財総合指定保持者)

 

 

父のもとで3才より稽古を始め、5才の時に狂言「靭猿」(うつぼざる)の小猿役で初舞台を踏むことに。

学生時代が狂言一筋というわけではなく、学業優先の教育方針だったため学校生活は楽しめたんだそうです。

イメージ的には舞台中心で、住まいも転々とするイメージですがそうでもなかったようです。

 

現在は、出身大学の学習院大学をはじめ早稲田大学など数々の大学で狂言の講師として、後進の育成に力を入れています。

また、子供達や地域の方々へ狂言について教えるなど地域貢献されていました。

スポンサーリンク

善竹富太郎さんはYouTubeやTwitterでも情報発信

YouTubeチャンネル『善竹富太郎』で狂言なぞなぞの配信を行っていました。

登録者は435人(2020年5月1日現在)です。

 

コロナウイルス感染が判明する前にはTwitterで志村けんさんを追悼されていました。

 

善竹富太郎さんがコロナウイルス感染を発症し敗血症が原因でなくなりました。

 

気になるのが善竹富太郎さんは喫煙歴はあったのか?

タバコを吸っていたという情報はなくYahoo!ニュースのコメントにも喫煙歴はないとの情報がありました。

 

 

 

 

敗血症とはどんな病気なのか?

メディカルノートさんで紹介されていましたの引用させていただきます。

敗血症とは、感染症によって生命を脅かす臓器障害が現れる状態です。敗血症を発症すると全身の各種臓器に症状を生じ、中枢神経障害(突然精神機能障害や意識障害が起こり、頭が混乱状態になるなどの症状がみられる状態)を引き起こすこともあります。

 

善竹富太郎さんの最後のTweetはこちらです。

40歳これからという時に残念で仕方ありません。

善竹富太郎さん心よりご冥福をお祈りいたします。

おすすめの記事