プロレスラーがタクシー運転手を殴り重傷を負わせたという事件がありました。

2018年11月4日の出来事で場所は新宿歌舞伎町。

タクシー運転手の50代の男性が顔面を殴られ頬骨を骨折しています。

料金10,800円の支払いを拒否したことがきっかけで小競り合いになったとのことです。

逮捕された犯人は森嶋猛という方。

実は引退されたプロレスラーで、今後は復帰戦の可能性がありました。

最近新しいTwitterアカウントを開設されたばかりの出来事でした。

 

 

森嶋猛 プロフィール

 

名前:森嶋猛(もりしま たけし)

愛称:モリシー、モリシ

生年月日:1978年10月15日(40歳)

出身地:東京都江戸川区

 

身長は190cmで体重は125kg・・・。

かなりの巨漢ですので殴られたタクシー運転手は重傷となるのはあたりまえですね。

現役当時の体重なので今はもっと体重が増えていたかもしません。

 

森嶋猛(プロレスラー)について

森嶋猛は東京学館浦安高卒業後に全日本プロレスに入門しました。

2000年にノア旗揚げに参戦したメンバーの一人で、

2002年には力皇猛と組み初のGHCタッグ王座獲得。

猛(たけし)つながりですね・・・。

2003年には伝説のプロレスラー三沢光晴さんを撃破しGHCヘビー級王座を獲得していました。

しかし2010年にベルトを全て失いスランプに陥りましたが、2011年に再びGHCヘビー級王座を獲得していました。

最重量時は170kgを超えたこともあったんだとか?

不摂生な生活が原因で病気となった森嶋猛は2015年に引退を発表します。

 

引退理由は病気ではなかった!?

引退理由は病気だと最初の報道ではありました。

その病名は糖尿病

血液中のヘモグロビンHbA1cの数値が異常値となっていました。

脂肪肝による肝機能の異常もあったことも報告しています。

さすがに現役続行は無理だ。

病気が原因だろうと一般的にはそう考えますが、

精神面がギリギリだったことを後に告白していました。

酒が好きなことは有名な話ですが、

酒に飲まれて人生を棒に振ってしまうのはもったいなかった。

 

 

 

引退後の森嶋猛

プロレスラー引退後もプロレスに関わる仕事をされているのか?

と思いきやそうでもありませんでした。

功績を残した選手ですのでもったいないなぁーという印象も受けます。

これまでに経験した職業はなんと・・・。

ピザ屋の店員
・バーテンダー
・コンサート会場等の警備員

また2017年には介護施設を手伝うため介護資格も取得していたことがわかっています。

職を転々とし不安定な収入を得ていたこともあり結婚はされていませんでした。

 

復帰戦の予定は白紙に!

2018年10月15日にプロレス復帰することが発表されておりましたが延期していました。

実はこれは

怪我によるもので復帰に向け体作りをしていた森嶋猛は、

「化膿性関節炎」を発症してしまったのです。

9月に手術をしますが完治するまで最低でも4週間と言われドクターストップで復帰戦が白紙になったのでした。

今回、事件を起こした時は酒に酔っていたという情報ですし、

この復帰戦が白紙になったことに対して、自分に怒りを覚えやけ酒をしてしまったのではないでしょうか??

 

 

 

 

さて今後、謝罪会見など公の場で本人の口から謝罪はあるのでしょうか??

ただ言えることは、復帰戦などは今後は難しくなるでしょうね。