入来茉里|結婚相手は柄本時生。高校が判明。新体操でインターハイ出場!

芸能人一家で育った俳優の柄本時生さんが結婚されました。

結婚相手の女性は女優の入来茉里(いりきまり)さんでした。

ご結婚おめでとうございます!!

さて入来茉里さんとは一体どんな人物なのでしょうか?

リサーチしてみました。

 

 

入来茉里 プロフィール

入来茉里 PROFILE

名前:入来茉里(いりきまり)
生年月日:1990年2月16日
出身:鹿児島県
身長:157cm
血液型:O型
所属:ホリプロ

 

 

 

柄本時生と入来茉里は12年来の友人だった!

二人が出会ったのは共演したドラマがきっかけでした。

入来茉里さんは2008年「私は一本の木に恋をした」というドラマで主演の平岡れいを演じました。

二人でのプライベートな会話はあまりなかったということです。

しかし、その翌々年に二人は再び共演することに。

2010年公開の映画『海の金魚』で入来茉里さんが主演・長田ミオを演じ柄本時生さんは南ヨウスケ役を演じました。

二人が出会って12年。

柄本時生さんが2019年秋頃から急に男らしさを見せはじめたんだそうです。

入来茉里さんのInstagramには2度、柄本時生さんが登場しています。

入来茉里さんは2019年ごろから「一人の男性」として柄本時生さんに好意を抱いていたのかもしれません。

スポンサーリンク

入来茉里の略歴

入来茉里さんの出身高校ですが、

私立・鹿児島実業高等学校でした。

12年間続けていた新体操ではインターハイに出場した経歴もあり、

現在でも体の柔軟性は衰えていませんでした。

アクションでも大活躍で、2007年に応募した「第32回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で

審査員特別賞を受賞したことをきっかけに芸能界入りしたのでした。

映画『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』に

変身ヒロイン「美少女仮面ポワトリン」として出演した際は、アクションシーンを一切スタントを使わず演じたのです。

 

 

 

 

おすすめの記事