おはようございます!
PZRです( ´∀`)

アメリカのNBAウィザーズから日本人では、
初のドラフト1巡目指名を受けた八村塁さんはもちろんご存知ですよね。

今回は、同じゴンザカ大学出身の
八村塁さんは兄貴分と慕うほどの仲で、
2020東京五輪に出場が期待されるアイラブラウンさんについてリサーチしてみました。

 

 

 

アイラブラウンについて

この投稿をInstagramで見る

Ira Brownさん(@irabrown44)がシェアした投稿

アイラブラウン PROFILE

名前:アイラ・ブラウン(IRA BROWN)
生年月日:1982年8月3日
出身:アメリカ・テキサス州コーシカーナ
年齢:36歳
身長:193cm
体重:105kg
血液型:O型

アイラブラウン選手は、
2019年6月20日に琉球ゴールデンキングスとの契約が終了していました。
その後の移籍先に注目が集まりましたが、
どうやら大阪エヴェッサに決まったようです。
実は、2016年8月に日本人国籍を取得し、
帰化したアイラブラウン選手。

帰化される際に日本語のテストもあるためある程度の日本語はできるようですが、
やはり英語がメインになっています。

CMで日本語を話すシーンがありました。

帰化した選手は1名だけ代表選手になれるというルールがあるため、
日本代表の座をかけ、ニック・ファジーカス選手らと1席を争うことになりそうです。

ニック・ファジーカスとは?

ちなみにニック・ファジーカス選手は身長210cmで体重は111kgとアイラ・ブラウン選手より大きいです。
年齢も34歳で、元NBA選手。
2018年4月に日本国籍を取得していました。

 

 

 

アイラブラウンの経歴

この投稿をInstagramで見る

Ira Brownさん(@irabrown44)がシェアした投稿

 

衝撃的な事実が発覚したのですが、
アイラブラウン選手は元野球選手で投手として活躍していました。
2001年高校卒業後に、カンザスシティー・ロイヤルズから8巡目指名を受けました。
当時の球速は…

驚異の156km /h

2005年に肩の故障で引退を余儀なくされますが、
前年の2004年にはマイナーリーグクラスAでプレーしていたほどなのです。

実は野球と並行して大学時代まで続けていたのがバスケットボールで、
野球選手引退後にフェニックスガレッジに入学しバスケを再開。

その後、編入した大学がゴンザカ大学だったのです。
大学バスケで活躍され、Wikipediaには以下のように書かれていました。

NBAデベロップメント・リーグのドラフト会議では4巡目にオースティン・トロスに指名された

しかし、このチームに合流することなく
メキシコやアルゼンチン、フィリピンでなど各国でプレーをし日本に来日したのでした。
もし最初からバスケをしていたら?また違った人生だったのかもしれませんね。

しかし現在は生涯の伴侶と出会い愛する子供もできました。

アイラブラウンは結婚し嫁がいた

アイラブラウン選手は結婚し子供もいます。
結婚相手の女性の名前はアヤカブラウンさんという方でした。
日本人女性で、友人の結婚派パーティーで知り合い一目惚れ。
すぐに結婚することを確信したんだとか。
残念ながら奥様の画像は非公表のようでしたので、
画像UPは断念しました。

お子様との仲睦まじい様子はInstagramでチェックできますよ。

 

 

 

アイラブラウンの幼少期

この投稿をInstagramで見る

Ira Brownさん(@irabrown44)がシェアした投稿

幼少期時代をのアイラ・ブラウン選手は辛かったと語っています。
両親が薬に溺れ、水道代も払うことができずシャワーも浴びれずいたため異臭を放っていたそう。
幼少期のあだ名が“ダーティーブラウン”でした。
その後、預けられた親族の家では近所のケンカに巻き込まれ家が全焼。

 

おすすめの記事