Ads By Google


 

リオデジャネイロオリンピック水泳女子代表で

今回最年少の池江璃花子(いけえりかこ)さんピックアップさせて頂きましょう。

最年少でありながら最多の7種目にエントリーしかなり期待されていることが伺える。

金メダルなるか!?

リオデジャネイロオリンピックが楽しみでなりません。

でもその前に水泳選手としての池江璃花子さんは知っていてもプライベートなことってあまり知らないのでは!?

今回はその辺を特に注目してみます。

池江璃花子 プロフィール

池江璃花子画像6出典:https://www.google.co.jp

名前:池江 璃花子(いけえ りかこ)

生年月日:2000年7月14日

年齢:16歳

出身:東京都

身長:170cm

体重:54kg

足サイズ:25.5cm

所属:ルネサンス亀戸

テレビで見ると周りの選手が大きいこともあり池江璃花子さんの大きさがそれほど実感で出来ませんでしたが、

高校1年生で170cmもあるのですね。

驚くべきはリーチの長さ!!なんとなんと!!

脅威の184cm

-e1460185260167

リーチとは両腕を開いた時の右手薬指から左手薬指の長さです。

身長よりも14cmも長くこれまで日本記録も含め『記録』がつくものを40以上更新していることはまさにこのリーチが関係しているでしょう。

しかしなぜここまでリーチが長いのか!?

その答えはご両親の教育法に隠されていました!!

父母(両親)の教育法とは?

「水の申し子」とはまさに池江璃花子さんのこと。

生まれた時から池江璃花子さんは水泳選手として注目される人になることを約束されていたのかもしれません。

なぜなら出産方法が自宅風呂場での水中出産だったのです。

両親の教育方法がなかなか珍しい物で驚きました。

その物というのが、

20150724hochi056_0-enlarge出典:https://www.google.co.jp

雲梯(うんてい)

雲梯は能の発達、運動神経に大きく影響するということを知った母親の美由紀さんは、

早速、自宅に雲梯を設置。


Ads By Google


生まれて間もない池江璃花子さん雲梯をにさせています。

屋外かと思いきやいつでも出来るようにと室内に設置しています。

気になるその効果はなんと生後6ヶ月の時からみられるようになります。

両親の親指にぶら下がれるようになり、1歳6ヶ月になると逆上がりを習得したのだそうです。

水泳を始めたのは3歳ということです。

教育方針は、

何事も一生懸命やる。

欲望に任せて行動するのではなくやらなければならないことは、やる。

我慢をすることが出来る子に育てる

だそうです。

ここまで教育に力を入れる母の美由紀さんとは一体どんな人物なのかと思い調べてみると、

全国450で28年と古い歴史のあるの幼児教室『七田チャイルドアカデミー』の本八幡教室で代表をしていました。

このアカデミーは本田望結ちゃんも通っているのです。

ちなみに本田望結ちゃんの姉でフィギュアスケーターの真凛ちゃんと池江璃花子さんは大の仲良しです。

本田真凛を望結の姉と呼ぶな!カワイイの?父親母親は?5人兄弟?

高校はどこ?

AS20160421004568_comm出典:https://www.google.co.jp

小岩第四中学を卒業後、淑徳巣鴨高校へ進学しています。

東京都豊島区西巣鴨にある高校で水泳はもちろん新体操や空手の強豪校でもあります。

一つ上の学年に長谷川涼香さんという水泳女子のリオ五輪代表選手がいます。

バタフライ100mの選手なのですが、

同じ高校から2人も五輪代表選手に選ばれるなんて凄いことですよね。

ハイレグ画像って何?

池江 璃花子さんを検索すると真っ先に浮上する『ハイレグ』という言葉。

水泳選手がそんなもの履くか!!

とツッコミを入れたくなるほどのキーワード。

と言いながらも高鳴る胸の鼓動を押さえながら念入りに調べてみました。

え!?あれ!?やっぱり…

結果は想像通りです。

『ハイレグ』画像なんてあるわけありません。

彼氏は!?

彼氏がいるのかいないのか?

正直分かりません。

しかしオリンピック前なので彼氏と遊んでいる暇なんかないでしょう。

むしろ水泳に集中するために男性はは近づくなオーラを出しているのか!?

と思いきやそうでもなかったです。

陸上の注目選手ケンブリッジ飛鳥選手と五輪の壮行会で会ったときに「カッコイイ!!」とアプローチを仕掛けていました。

16歳の乙女心は常に持っているようです。

ken101-jpp021469246-500x333

ケンブリッジ飛鳥は筋肉イケメン!9秒台で1億円?母や父の国籍は?

 


Ads By Google


最後までご覧頂きありがとう御座いました