赤池肇さんが最近話題になっていることはもちろんご存知ですよね?

赤池肇という名前は改名後の名前です。

改名前は、赤池 王子様(あかいけ おうじさま)ですね。

これぞキラキラネームといったところでしょうか。

親は良くても本人はだいぶ苦しんだようですよね。

さて赤池肇さんとは一体どんな人物なのでしょうか?

 

 

 

赤池肇とは?

 

年齢は18歳で、山梨県出身です。

2019年4月から大学進学ですが、

大学名までは公表されていません。

 

改名できる年齢は15歳以上。

そんな法律があったんですね・・・。

実はこの改名に至るきっかけを作ったのが、

少年ジャンプの人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」を見てでした。

 

このことは中学3年生の時から知っていたそうなのですが、

高校の友人が戸惑うからという理由で高校卒業のタイミングで決心されたそうです。

 

 

 

非常に大変な人生だったのだろうと思ったのですが、

意外にもイジメなどは一切なかったそうです。

友人関係では非常に恵まれているのでしょう。

 

 

 

しかも赤池さん非常にひょうきんな方。

各メディアの取材は全部受けるという神対応をされていました。

しかし、最近はあまりに取材が多く断っているんだとか。

書籍化の話もあるらしいですが断る方向のようです。

 

 

母親と父親について!弟もキラキラネーム!

赤池肇さんの母親と父親は離婚しています。

その後、再婚された男性との間にが生まれますが、

やはりキラキラネームがつけられたそう。

その後、母親が浮気をして絶縁状態にあるとのことなのです。

残念ながら弟さんの名前までは特定できませんでしたが、

かなり特徴的であるはずです。

改名については母親反対していたようですが、父親は賛成してくれたそうです。

↑こちらの動画を撮影しているのが母親でしょうか?

「ママ」と記載があり、女性の笑い声のようなものが聞こえてきます。

関係は意外にも良好なのかも?しれません。

 

 

 

 

最後に

母親の独断で決めた「王子様」という名前。

親は子供の名前をつける前に実際に自信が、

「王子様」「王女様」などと呼ばれ続けてどう思うのか?

試してから命名すべきでしょうね。

 

 

おすすめの記事