盲目のお笑い芸人が今話題になっています。

「NHK新人お笑い大賞」決勝まで昇り詰めた盲目のお笑い芸人がいるということで話題になっています。

もしここで優勝できれば障害を持つ芸人にとっては励みになるでしょうね。

白杖を片手にお笑いの舞台日一人で立つのは濱田祐太郎さんという吉本興業所属の芸人さんです。

それでは早速調査開始です!!

とその前に、このニュースに関するSNSで意見を見てみましょう。

 

Ads By Google

 

濱田祐太郎 プロフィール

生年月日:1989年8月9日
年齢:28歳
出身:兵庫県神戸市
身長:171cm
体重:85kg
血液型:O型
特技:あんまマッサージ指圧師 針師

目が見えないのは生まれつきだそうです。

先天性緑内障という病気です。の目がどんな状態かというと以下のようになります。

左目→見えない

右目→明暗のみ判別できる

という状態のようです。

先天性緑内障とは3万人に1人の割合で新生児に発症すると言われており、

どんな病気か調べてみたところこのようなものだということがわかりました。

発達緑内障とも呼ばれるもので、生まれつき隅角という房水を排出する部分がうまく発達していない病気です。

これによって眼圧が上昇して視神経が圧迫されることで、緑内障を発症します。

引用元:http://www.ryokunaisyou-sick.com/category/sentensei.html


お笑い芸人という厳しい世界に入ったキッカケは、小学生ぐらいの時からお笑い好きで、TVやラジオでよく漫才を聞いていたそうです。
当時どんな芸人さんが好きだったか?というと「ビッキーズ」「ハリガネロック」と答えています。

地元の神戸の視覚特別支援学校を卒業後はお笑い芸人の道に進むべくアルバイトでお金を貯めて吉本総合芸能学院(NSC)に入学しました。

NSC大阪35期として同学院を卒業し2013年4月にお笑い芸人としてデビューしています。

ネタは「盲学校あるある」など盲目に関するネタが多いのですが、しっかりとした正統派漫談です。

「芸人に憧れて吉本に入ったら目ェどころか自分の将来も見えなくなりましてね。……どっちか迷ったら笑っといてくださいよ」

とこんな感じで笑いを取ります。

障害者ネタはこれまでタブーとされてきたが、どんなお笑いネタを魅せてくれるのか??

今後の活躍に期待です!

 
Ads By Google