日馬富士の暴行問題で混乱中の相撲協会。

そんな中でも巡業は行われていますね。

大相撲九州場所で11月22日に行われた白鵬と嘉風の取り組みで寄り切りで白鵬が敗れたのですがこの敗戦で納得いかなかった白鵬は、

土俵下で手を挙げ、自ら”物言い”をしようとしますが勝敗は変わらず。

 

Ads By Google

 

白鵬は納得がいかない表情。

その後も嘉風が勝ち名乗りを受けていても土俵に戻らないという行動に出ました。

このとき実況していたNHKアナウンサーの藤井康生アナが賞賛されています!

一切物怖じせずこう言い放ったのです。

「これはいけません。こんなことはあってはならないことです」

前人未到の40連覇がかかった大横綱に対してこんなはっきりと言ってくれるのは藤井康生アナだけではないでしょうか?

スポーツ実況のプロ藤井康生アナとはどんな人物なのでしょうか。

 

藤井康生 プロフィール

名前:藤井康生
出身:岡山県倉敷市
生年月日:1957年1月7日
年齢:60歳
血液型 :O型
最終学歴 中央大学法学部卒業
職業: NHK放送センター

岡山朝日高等学校を経て中央大学法学部卒業後の1979年にNHKに就職しました。

NHK入局してからアナウンサーとしてスポーツを担当します。

中でも大相撲がメインでその他にもメジャーリーグや競馬なども担当しています。

またアトランタオリンピックで銅メダルを獲得した有森裕子さんが残した名言「自分を自分で褒めたいと思います」を引き出した人物と言われています。

定年退職で引退か?

還暦60歳を2017年に迎え定年退職するのでは?と言われていました。

定年も会社ごとに規定が異なるようで誕生日を迎えた時点で定年になる場合とその年度に定年退職する人の退職日をそろえる方式とあるようです。

 

Ads By Google

 

しかし2017年1月7日に60歳になっているはずなので定年になっているはずですが、まだ現役を続けているということは雇用延長しているのかもしれませんね。

嘱託アナウンサーなのかも?

にしても、若手育成に今後は力を入れていくものと思われますが藤井康生アナの実況が聞けなくなるのは寂しいですね。

野球実況や競馬実況は不評?

大相撲の実況は定評がありますが、その他の野球や競馬はあまり評判が良くないようです。

2016年の天皇賞春の実況でキタサンブラックとカレンミロティックの一騎打ちで鼻差4cmでキタサンブラックが1着になりました。

しかし微妙な判定でしたが藤井康生アナは『カレンミロティック〜!』とカレンミロティックの勝利と勘違いし誤った実況となってしまったようです。

また野球でもけっこうやらかしてしまったいるようで、こんなことを言われています。

最後に

大相撲の実況に定評のある藤井康生アナの引退はもうしばらく先になりそうですね。

今後も物怖じせず安定した実況が聞けることを楽しみにしています。

 

Ads By Google

 

おすすめの記事