高橋由美子は若い頃に不倫歴!結婚はせず独身!おでこのイボ切除?

高橋由美子さんの不倫が週刊文春で報じられました!

またしても芸能人に文春砲が直撃しましたね。

ちなみに高橋由美子さんは独身で相手の男性が既婚者でした。

さて高橋由美子さんを知らない若い世代の方もいるのでは?

ご紹介していきましょう。

 

【Ads By Google】

 

高橋由美子 プロフィール

名前:高橋由美子(たかはしゆみこ)

生年月日:1974年1月7日

年齢:44歳

出身:埼玉県大宮市

身長:154cm

血液型:A型

事務所:コニイ

スカウトがきっかけで中学2年生の時に芸能界入り。

アイドル雑誌『大海賊』でモデルが最初の仕事でした。

1989年に『冬の旅・女ひとり』で女優デビューし1990年にアニメ『魔神英雄伝ワタル2』の主題歌『Step by Step』を歌い歌手デビュー。

高橋由美子さん&武田真治さんがダブル主演のドラマ『南くんの恋人』では、

主題歌『友達でいいから』がオリコンチャートでベスト10入りし、約40万枚を売り上げる大ヒットとなったのです。

女優としても歌手としても大成功を収めた高橋由美子さんは、

20世紀最後の正統派アイドル』と称され絶大なる支持を手に入れていました。

SINGLE COLLECTION Steps

↑高橋由美子さんのシングルコレクションはAmazonでも購入いただけます!

1999年に歌手活動を休止して以降は、

お芝居一本で舞台やミュージカルを始めTVドラマでは火曜サスペンス劇場ではお馴染みの顔となっていました。

個人的に一番印象に残っているのはドラマ「ショムニ」ですね。

占いを得意とするOL役がしっかりとハマっていました!

ショムニのメンバーを見てみると、江角マキコさん、宝生舞さんが芸能界から引退していますね…。

次は誰なのでしょうか?

宝生舞の引退理由は?現在病気?乳がん?姉の北村未来とは?

 

現在の高橋由美子の劣化がすごいと話題!

20世紀最後の正統派アイドルと呼ばれていた頃の高橋由美子さんがこちら↓

こんなに可愛かった高橋由美子さんですが、

現在のお姿がこちら↓

さすがに年を重なればお肌のシミやクスミ、シワができるのは当たり前ですよね。

そんなことはわかっています!

でも20世紀最後の正統派アイドルと呼ばれていた時代もあるのでスタイルだけはキープしていただきたかった…。

勝手な願いですがお許しください。

そしてこんなお姿は見たくなかった!!

髪はボサボサ?二重あご?

さすがに昔のイメージ崩壊しました・・・。

 

【Ads By Google】

 

おでこのイボを切除しない理由とは?

多分気になっていた方もいるのではないでしょうか?

おでこイボのようなものが高橋由美子さんにはありますね。

気になさっていないのか?と言われるとそうでもなさそうで宣材写真なんかですとイボを消しているものもあります。

事務所の意向で消しているのかもしれませんけど。

イボの切除なんて今であれば簡単にできてしまうことなので何かこのイボについては思い入れがあるのかもしれませんね。

イボやほくろは縁起がいいという言い伝えもあります。

上沼恵美子さんもイボを取らない理由については演技を担ぐ為と語っていましたので同じような理由かもしれませんね。

過去にも不倫歴があった!

Breath―高橋由美子写真集Amazon Breath―高橋由美子写真集

今回の不倫報道で、相手の男性は40歳代で妻と3歳の娘がいるとのことでした。

この妻によると男性からこう告げられたそうです。

『高橋さんに告白を受け入れてもらったので、離婚の話を進めたい。高橋さんから奥様と話し合ってきてくださいと言われた』

実は、高橋由美子さんは17年前にも既婚し男性とお付き合いしていましたと本人の口から告白していました。

「初めての本物の恋は14歳年上の既婚男性でした」

2001年のインタビューでこのように明かしています。

17歳〜22歳までの5年間交際したそうでお相手の男性はコンサートスタッフだったそうです。

過去を知る人物ならあまり今回の不倫騒動は驚かれないかも??

 

【Ads By Google】

 

 

最後に

いろいろな意見があると思うのですが、不倫について言及します。

不倫が発覚した時って女性の方が叩かれているようなイメージがあります。

でもこれって時と場合によるのでは?

高橋由美子さんの件に関して言えば、実際に悪いのって男性の方なのでは?と私は思うのです。

大前提として高橋由美子さんは結婚していません。

告白したのは男性であり離婚を決断したのも男性。

だったら話し合ってきたら?と言っただけの高橋由美子さんにはそこまで非はないように感じます。