2018年8月に北朝鮮で拘束されていた日本人男性が国外追放となることが発表されました!

これは嬉しいニュースですね!

早い段階で日本に帰ってくることができて本人もホッとしているはず

注目だった本名も公開されましたのでご紹介しましょう

 

 

これまでの報道では「スギモトトモユキ」という名前だということは公開されていましたが、

漢字表記は「杉本倫孝」であることが発表されました

 

 

『杉本倫孝』とは何者?

名前:杉本倫孝(スギモトトモユキ)

生年月日:1979年2月14日

年齢:39歳

出身:滋賀県

職業:映像クリエーター

 

職業の映像クリエイターとは!?

『映像クリエイター』と聞くとどうしてもYouTuberなのかな?

と思ってしまいますが

YouTubeのチャンネル登録者数は16人ほどなのでYouTuberとして生活しているとは思えませんでした。

もっとも再生回数の多い動画はこちらでした

 

杉本倫孝の職業『VJ』とは一体どんな仕事?

スギモトトモユキさんを調べてみると、

「VJ」という言葉が度々出てきます。

「VJ」とは何か??

VJとは、ビジュアルジョッキー、ビデオジョッキーの略称です。クラブやコンサートなどでフロア正面のDJブース後ろにあるスクリーンに流れる映像を演出する人です。そのフロアの雰囲気に合わせ、準備された映像を操作したり、即興で映像演出したりします。

クラブやイベントなどでその場の雰囲気に合わせ音楽をセレクトしていくDJ=ディスクジョッキー(Diskjockey)に対し、VJは音楽に合わせて映像をセレクトし、空間を演出していきます。
VJの成り立ちは古く、1980年代中盤にはステージ演出の手法の一つとして活用されています。その後ビデオデッキやノートパソコンの登場、周辺機器の進化と普及により大きく発展してきました。最近では昼間の明るい野外でもLEDスクリーンによって映像が投影できるので、VJ・DJの活躍の場は広がってきています。

引用元:https://hataraku.vivivit.com/works/visualjockey

 

 

スギモトトモユキさんの経歴について

m-flo“ComeAgain”リミックスコンテスト(2001)

AXIA Artist Audition(2002)

Starz Audition(2009)

電気グルーヴリミックスコンテスト(2009)

上記のコンテストで受賞歴がるようで直近では、

IMERUATというライブ活動で映像制作の仕事をしていました!

 

 

杉本倫孝が北朝鮮で犯したとは?

観光目的で北朝鮮に入国した杉本倫孝氏ですが、

同行者の情報などもなく本当の目的は撮影だったのではないか?と言われています。

罪名まではハッキリと公表されていませんが、

拘束された南浦市で、

軍事施設を写真撮影していた疑い

があると言われているのです。

渡航を自粛を呼びかけていますので、

仕事(撮影)のために渡航したのであれば考えが甘かったのかもしれません・・・。

 

 

結婚はしているのか!?

もし配偶者がいるのであれば、

並々ならぬ心配をされていることは間違いないはず

奥様について調べてみましたが、

どうやら結婚はまだされていないようです。

 

 

さて日本に帰国後に北朝鮮での罪や拘束生活について語っていただけるのか?

無事に帰国するまで安心はできませんが、帰国後は何があったのか真実を知りたいですね。